文字サイズ

認知症および権利擁護について

これまで平成27年1月に厚生労働省を含む関係12府省庁によって共同で策定された「認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)」に基づき、認知症の人が住み慣れた地域の良い環境で自分らしく暮らし続けるため、7つの柱に沿って、認知症施策を総合的に推進してきました。

その後、令和元年6月18日に「認知症施策推進大綱」が認知症施策推進関係閣僚会議でとりまとめられ、認知症の発症を遅らせ、認知症になっても希望を持って日常生活を過ごせる社会を目指し、認知症の人や家族の視点を重視しながら、「共生」と「予防」を車の両輪として施策を推進していくとされています。

本県においても、「認知症施策推進大綱」を踏まえ、レイカディア滋賀高齢者福祉プラン(令和3年3月改定)において、

目指す姿
認知症を我が事としてとらえ、認知症を発症しても、希望と尊厳をもって、認知症とともに、誰もが自分らしく安心して暮らし続けている。

とし、この目指す姿に向かって様々な認知症施策を推進しています。

1.相談窓口

2.認知症関連研修

医療従事者等向け研修

介護従事者等向け研修

3.認知症関連施策・取組

若年認知症施策

4.高齢者等の権利擁護

5.認知症関連情報

お問い合わせ
健康医療福祉部 医療福祉推進課
電話番号:077-528-3522
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp