文字サイズ

認知症サポーター養成講座について

「認知症サポーター」とは、認知症について正しく理解し、認知症の人やその家族を見守り支援する応援者のことです。平成17年度から「認知症サポーター」を全国で100万人養成することを目標に「認知症サポーター100万人キャラバン」が開始され、現在では、認知症サポーターの数は全国で約1,224万人(令和3年3月末)を超えています。

「認知症サポーター」となるためには

  • 「認知症サポーター」となるためには、「認知症キャラバン・メイト」と呼ばれる講師が開催する「認知症サポーター養成講座」を受講する必要があります。
  • 「認知症キャラバン・メイト」とは、養成研修を受けて全国キャラバン・メイト連絡協議会に登録された方で、市町自治体等と協働して「認知症サポーター養成講座」を開催し、その講師役などを務めています。
  • 「認知症サポーター養成講座」では、認知症の基礎知識や認知症の本人・家族と接するときの心がまえ、認知症サポーターとしてできることなど、基本カリキュラムに沿った内容に基づいて、概ね90分の講座を実施します。
  • 受講料は無料で、講座に参加した方は「認知症サポーター」となり、認知症を支援する「目印」として、オレンジ色のブレスレット「オレンジ・リング」が交付されます。
  • 講座を通じて認知症の正しい知識や認知症の本人・家族の気持ちを理解し、友人や家族にその知識を伝えたり、地域やお店等で困っている人がいたら声をかけるなど、自分のできる範囲で認知症の人を応援するのが認知症サポーターであり、さらにはサポーターの中から、地域のリーダーとしてまちづくりの担い手が生まれることも期待されています。

滋賀県の状況

  • 滋賀県における認知症サポーター(自治体型)の数は約24万人(令和3年3月末)であり、総人口に占めるメイト+サポーターの割合は、全国約9.8%のところ、滋賀県は約16.8%で全国4位となっています。
  • 三日月大造滋賀県知事も受講し、認知症サポーターの一員となっています。

県内市町における認知症サポーター養成講座にかかる問合せ先一覧

認知症サポーター養成講座開催等に関するご相談は、以下の各市町連絡先へご連絡ください。

お問い合わせ
健康医療福祉部 医療福祉推進課
電話番号:077‐528‐3522
FAX番号:077‐528‐4851
メールアドレス:ninchisyo@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。