文字サイズ

「レイカディア滋賀 高齢者福祉プラン」(令和3年3月策定)

これまで滋賀県では、高齢期において健康にいきいきと過ごせる期間(健康寿命)をできるだけ長く、そして、たとえ介護が必要になったとしても、その人らしい暮らしを最期の時まで続けられるよう、保健・医療・福祉サービスが一体的に提供され、県民の暮らしを支える滋賀の「医療福祉」を目指してきました。

いわゆる「団塊の世代」がすべて75歳以上となる令和7年(2025年)を間近に控え、今後、「団塊ジュニア世代」が65歳以上となる令和22年(2040年)に向けて、滋賀県でも各地域の実情に応じたサービス基盤・人的基盤の確保が重要となってきます。

これらの状況を踏まえ、介護保険事業の実施主体である市町や関係団体等とともに2040年を見据えながら、滋賀の「医療福祉」の一層の充実を目指すこととして、本計画を策定します。

本文

策定経過

1 滋賀県高齢化対策審議会

(1) 令和2年7月20日:たたき台(諮問)

(2) 令和2年9月2日:骨子案

(3) 令和2年11月11日:素案

(4) 令和3年2月5日:案(答申) 

2 県議会厚生・産業常任委員会への報告

(1) 令和2年10月2日:骨子案

(2) 令和2年12月14日:原案

(3) 令和3年3月9日:案

3 県民政策コメントおよび市町への意見照会

 ・意見・情報の募集期間令和2年12月21日から令和3年1月20日

 ・提案のあった意見・情報数78件

お問合せ
滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課
電話番号:077-528-3520
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。