警察官以外の職種

滋賀県警察では、警察官以外にも警察事務職員・航空整備士・船舶技術者・科学捜査研究所の研究員・少年補導職員・運転免許試験員等、様々な職種の職員がそれぞれの能力を発揮して、活躍しています。ここでは、主に警察事務職員について皆さんにご紹介します。

警察事務職員

警察事務職員とは

警察事務職員は警察における事務を担い、警察組織が円滑に運営されるよう様々な分野で活躍しています。その業務は予算の編成・執行、施設の維持管理、給与・旅費の支給などの会計事務をはじめ、福利厚生、運転免許証の新規交付・更新事務、最新鋭のシステムを駆使し、様々な警察活動を迅速・的確に処理する情報管理事務など、その内容は多岐にわたっています。
警察事務職員は“組織の基盤”として警察官をサポートするとともに、行政面から県民の安全で安心な暮らしの実現を目指し、警察官と肩を並べて、業務に取り組んでいます。
ここからは、4人の先輩からのメーセージをお届けします。

会 計 課

警察本部の会計課で、主に施設の修繕や修理、道路標識の契約執行などを取り扱う業務を担当しています。警察官が仕事をしやすく、また、県民の方が利用しやすい施設を日々目指しています。道路標識については、実際に交通事故に直結するとても重要なものであるため、迅速かつ正確に対応することが求められ、大きな責任を伴う仕事であると同時に、このような仕事に携われることにとてもやりがいを感じています。警察事務の仕事は、現場で活躍する警察官に比べれば華やかさはありませんが、一つ一つの仕事が県民にとっても、警察組織にとってもなくてはならないもので、自分の仕事が様々な形で県民の安全安心に繋がっていると実感できます。私は、民間企業から転職しましたが、前職の経験を生かしながら地域に貢献でき、充実した日々を過ごしています。

情 報 管 理 課

警察内部のネットワーク環境や業務で使用する端末機器等の整備を担当しています。あらゆる分野でデジタル化が進む中、ひとたび、ネットワーク障害が発生すれば警察機能が停止するおそれがあるため、警察組織の基盤を支えるという点においても、とても重要な業務です。直接県民の方と接する機会は少ないのですが、警察活動に不可欠な情報技術を通じ、その先にある県民の安全・安心な生活の維持に貢献できることに、大きなやりがいを感じています。警察事務の仕事は、大変な仕事だというイメージがあるかもしれませんが、職員同士で協力し、支え合いながら働けるとても良い職場ですし、県民の方の幸せな毎日を守ることができる、とても誇れる仕事です。県民の未来の笑顔を守るために、一歩踏み出しましょう。

交 通 課

警察署の交通課で、証明書や許可書の申請の受理や交付、交通関係の許認可業務などを担当しています。許認可業務には幅広い法令等の知識が求められますし、日々多くの申請者が来られるため、迅速・正確な処理はもちろん、一人一人の目線に立った丁寧な対応が必要になります。県民の生活等に直接関わるため責任の重い仕事ですが、窓口で感謝の言葉をいただける機会も多く、やりがいを実感することができます。私は生まれ育った滋賀県の治安維持に貢献したいと思い、警察事務を志望しました。警察官の仕事とは違い、直接治安維持に携わることは少ないですが、日々の業務の中で、県民の方の役に立てていることが実感でき、本当に嬉しく感じています。警察官と警察事務職員で支え合い、安全安心な滋賀県を一緒に目指しましょう。

警 務 課

警察本部の警務課で、警察職員の給与関係を取り扱う業務を担当しています。条例や規則に従い業務を進めるため、仕事内容は複雑で大きな責任が伴いますが、組織を支える一員として貢献できていることに、とてもやりがいを感じています。警察事務の仕事は、組織がスムーズに運営されるよう、現場の警察官をバックアップしながら警察活動の基盤を支えることが使命であり、その仕事は多岐にわたります。必ず自分が活躍できる分野がありますし、どの分野も組織を支える力となり、警察活動に貢献できていることを強く実感できます。元々、県民の安全安心な生活を守る警察官の仕事に憧れを抱いていたこともあり、その活動を支え、また、警察官とともに滋賀県を守ることができる警察事務の仕事にとても誇りを感じています。

警察事務職員になるには

警察事務職員になるためには「滋賀県職員採用試験」を受験してください。試験区分は「警察事務」です。
上級試験(大学卒業程度)・初級試験(高校卒業程度)で受験資格が異なります。受験案内を確認のうえ、受験してください。

  • 試験の方法および内容

【上級試験(大学卒業程度)】

  • 第1次試験
    (筆記)
  • 第1次試験
    (口述)
  • 第2次試験
    (論文・口述・適性検査)
  • 最終合格
第1次試験
試験 種目 方法 内容
筆記試験 筆記試験 択一式(2時間) 公務員として必要な社会、人文および自然の各科学、現代の社会に関する知識(知識分野)ならびに文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈等に関する能力(知能分野)についての筆記試験(大学卒業程度)47問出題中、知能分野27問を必須解答、知識分野20問の中から13問を選択解答とします。
専門試験 択一式(2時間) 各試験区分に応じて必要な専門的知識および能力についての筆記試験(大学卒業程度)50問出題中40問を選択解答。出題分野:政治学、行政学、憲法、行政法、民法、刑法、労働法、 経済学、経営学、財政学、社会政策、国際関係等
口述試験 口述試験 人物についての個別面接による試験※筆記試験の当日に提出していただく「面接カード」に記入された内容に基づき、面接を行います。
第2次試験
種目 内容
論文試験 識見、思考力、表現力等についての筆記試験(1時間30分)
口述試験 人物についての個別面接および集団討論による試験
適性検査 公務員として必要な適性についての検査

【初級試験(高校卒業程度)】

  • 第1次試験
    (筆記・適性検査)
  • 第2次試験
    (作文・口述)
  • 最終合格
第1次試験
種目 内容
教養試験(50問2時間) 公務員として必要な国語、社会、数学、理科等に関する知識および文章理解、判断推理、数的処理、資料解釈等に関する能力についての筆記試験(択一式、高校卒業程度)
適性検査 公務員として必要な適性についての検査
第2次試験
種目 内容
作文試験 文章による表現能力等についての筆記試験(1時間30分)
口述試験 人物についての個別面接および集団討論による試験

過去の採用試験実施結果

令和3年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

令和3年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 35 14 7 5.0
警察事務(初級) 18 15 3 6.0

令和2年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

令和2年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 50 14 6 8.3
警察事務(初級) 19 13 4 4.8

令和元年度滋賀県警察職員(警察事務)採用試験実施結果

令和元年度
試験区分 受験者数 第1次試験合格者数 最終合格者数 競争率(倍)
警察事務(上級) 28 9 5 5.6
警察事務(初級) 23 16 4 5.7

滋賀県職員採用試験についてのより詳しい情報については滋賀県人事委員会のホームページをご覧下さい。

採用後について

採用後は滋賀県警察学校に入校します。同期生とともに約1ヶ月の研修を受け、その後、各警察署または警察本部に配属されます。

  • 昇任試験制度
    警察事務職員にも警察官と同じように昇任試験制度があります。昇任は学歴や年齢に関係なく勤務実績や試験によって決定されます。努力次第で上を目指せる実力主義で、平等にチャンスが与えられています。
  • 基本的な昇任は次のとおりです。
    主事 ≫ 主任主事 ≫ 主査 ≫ 係長 ≫ 専門員 ≫ 課長補佐 ≫ 調査官 ≫ 管理官 ≫ 課長
  • 給与
給与支給額一覧
令和4年1月1日(現在) 採用時(地域手当を含む)
上級(大学卒) 約203,000円
初級(短大卒) 約178,000円
初級(高校卒) 約167,000円

なお、この給料の額はそれぞれ相当学歴の新規学卒者を例にとったもので、卒業後の職歴がある場合や大学院を卒業されている場合には一定の基準に基づいてこの額に加算されます。また、この他に扶養手当、通勤手当、期末・勤勉手当等が支給されます。昇給は原則として毎年1回行われます。

  • 福利厚生について
  • 共済組合:警察官・警察事務職員は、警察共済組合員となり、民間企業の健康保険・厚生年金制度に相当する共済組合制度の対象となります。
  • 健康診断:すべての職員を対象に、年1回の定期健康診断を行います。また、職員本人や家族が人間ドッグ等を受診した場合の助成制度もあります。
  • 助成制度:物資の斡旋、貸付制度(一般、医療、住宅など)、見舞金、弔慰金などの給付制度や自己啓発活動に対する助成制度が整っています。
  • 施設利用:リゾート施設をはじめ、レジャー施設やスポーツジムなど、余暇を充実させる多くの施設と割引利用契約をしています。
  • 互助会:給付(結婚・出産・入学などのお祝い金)や助成(レジャー施設などの利用補助)だけでなく、万一のけがや病気の保障も大変充実しています。

少年補導職員・科学捜査研修所の研究員・航空整備士等

以下の職種の警察職員については、受験資格に一定の資格等が必要となります。詳しくは試験実施時の受験案内でご確認ください。試験は不定期で実施します。試験実施の情報につきましては採用情報のページで随時ご案内します。

少年補導職員
少年の非行防止に関する調査、少年事件の調査、少年相談、少年補導、少年の福祉を害する犯罪の予防、少年をめぐる環境浄化等の業務に従事します。
科学捜査研究所の研究
科学捜査研究所の研究員として、鑑定、検査、研究及び実験に従事します。なお、深夜勤務、交替制勤務等の変則的勤務を伴う場合があります。
航空整備士
警察用航空機等の装備敷材等の点検整備、警ら活動時における搭乗等の業務に従事します。
船舶技術者
警察用船舶を運用し、湖上における警ら及び違反の指導取締り、水難救助活動等の業務に従事します。
運転免許試験員
各種自動車運転免許に関する学科試験、適性試験、技能試験及び試験の受付等運転免許試験に関する業務に従事します。
キャッチコピー「母なる湖・琵琶湖。-あずかっているのは、滋賀県です。」