文字サイズ

実績

診療体制と実績

1. 外来診療体制と実績

 月・火・木・金曜日に1~3診で外来診察を行っており、2020年度の外来患者数はのべ12,258人(1日平均62.2人)、紹介率は87.0%、逆紹介率は148.3%で、紹介患者さんは紹介元の医療機関に戻って頂くことを原則としています。特殊外来としては、レーザー治療は271件、蛍光眼底造影検査は126件でした。

2. 入院診療体制と実績

 2020年度の眼科病床数は新型コロナ患者用病棟開設のため、病床数が随時縮減され、12→8→12→11床となり、入院患者数はのべ2,299人(1日平均6.3人)、平均在院日数は6.2日でした。

3. 手術件数

2020年度の手術件数は1670件でした(表)。

表 主な手術件数(2020年度)
手術
白内障手術 968
硝子体手術 106
硝子体注射 512
経強膜的網膜剥離手術 3
緑内障手術 41
眼瞼手術 33
角結膜手術 17
その他 157
合計 1,836
(同時手術を1件とした場合の合計) 1,670

カンファレンス・勉強会

眼科カンファレンスは、月・水曜日の手術終了後(通常は夕方)に行なっています。
蛍光眼底造影検査検討会、手術症例検討会、などを行っています。

業績

研究発表

  1. 岡村麻子, 額田正之, 佐藤有紀子, 塚田佳代子, 山名隆幸. ペムブロリズマブ投与によりリンパ球性下垂体炎を生じ視野欠損を呈した2例.第74回 日本臨床眼科学会. 2020年10月17日.東京都
  2. 山名隆幸. 緑内障眼の白内障手術 流出路再建併用. 第44回 日本眼科手術学会. 2021年1月29日. 京都市