文字サイズ

【今年度は終了しました】たくさんのご参加ありがとうございました!第8回滋賀県多職種連携学会研究大会

学会テーマ 『多職種連携で支える、その人らしい生き方』

日時:令和5年 12 月3日(日) 13:00~16:30

会場:オンラインでの開催(Zoom)

.

学会長:一般社団法人滋賀県医師会 会長 越智 眞一

大会長:一般社団法人滋賀県病院協会 大野 辰治

.

内 容

●基調講演 「自分らしく生きるとは ~そのために多職種でできること~ 」

講 師:木澤 義之 氏 (筑波大学 医学医療系 教授)

内 容:自分のこれからを考えることは、本人にとっても、家族にとっても、非常に大切なことです。

ACP を切り口に、その人らしい人生において家族をはじめ支援者がどういった形で ACP を考えて行けばよいか、

多職種連携における ACP についてご講演いただきます。

また、余命宣告された方や病気の方だけでなく、現在健康な方も視野に入れた内容をご講演 いただきます。

.

●企画演題 「さまざまな分野での連携 ~地域における薬剤師と多職種での連携~ 」

講 師:池田 富美子 氏 (一般社団法人彦根薬剤師会 会長、リリー薬局)、 辻 広美 氏 (ケアプランセンターどりーむ ケアマネージャー)

内 容:湖東圏域で活躍されている薬剤師とケアマネ―ジャーにご登壇いただきます。

地域における薬剤 師と多職種との連携について事例を交えてお話いただきます。

.

●一般演題・活動実践報告 口述発表

.

参加対象者:保健・医療・福祉・就労・教育・行政関係者等 多職種連携にご興味ある方どなたでも

参加費:無料

.

事務局:滋賀県立リハビリテーションセンター内(滋賀県守山市守山5丁目4-30)

※本学会の詳細はこちら

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。