文字サイズ

お盆帰省についての知事からの呼びかけ(令和2年8月4日)

新型コロナウイルスの状況については、昨夕も会見ならびに報告の説明もさせていただきましたが、8月3日現在、陽性患者は202人、うち入院されている方は50人、入院予定で調整されている方は9人、宿泊療養の方は5人、退院された方は137人、残念ながらお亡くなりになられた方は1人です。

ご存じのとおり、昨日、県内初めての介護関連事業所でクラスターが発生しました。1日あたりこれまでで最も多い18人の陽性患者が確認されています。既に県のクラスター対策チームを派遣し、管轄保健所とともに迅速な検査および陽性者に対する疫学調査を行っているところです。感染拡大防止に万全を尽くしてまいります。

県内の2つの店舗でも感染拡大の恐れがある事例が発生しています。事業者の皆様におかれては、各業界のガイドラインを遵守いただくほか、本県の感染拡大防止システム「もしサポ滋賀」などの登録・積極的な活用をもって、感染防止に努めていただきたい。このことを強く呼びかけたいと思います。

これからお盆の時期を迎えます。滋賀県民にとってお盆は大切な季節です。旅立たれた方を思い、戦没された方をお弔いする。したがって、お盆の帰省はむしろしていただきたいと思います。

ただ、体調が優れない方については、無理に帰省することは控えてください。また、帰省された際には、マスクをつける、人と人との距離を取るなどの感染予防、特にご高齢の方がご家族やご親戚にいらっしゃる場合は、特に気をつけていただきますようお願いいたします。

家にいらっしゃるときは、

  • 広い部屋で、たがいちがいに座って食事等を行う。もちろん、換気も忘れずに。
  • 食事の時以外はマスクを着けて、距離をとりながら会話を。
  • 体調に違和感がある場合は帰省を控え、集まる方の体調にも気配りを。
  • 特にご家族に高齢者がおられる場合は慎重に。

ということを呼びかけたいと思います。

特に、若者のみなさんには、

  • 自分だけでなく、友人やみんなの体調を確認。
  • 飛沫感染を避けるため、食事の時以外はマスクを着用。
  • 同窓会などの会食の場では、感染対策を一層徹底。
  • 感染者が多数確認されている大都市等への外出については、感染拡大防止の対策がとられていないお店等の利用は控えるなど、特に慎重に。

ということを強く呼びかけたいと思います。よろしくお願いいたします。

令和2年8月4日

滋賀県知事三日月大造

これまでのメッセージは、新型コロナウイルスに関する滋賀県知事メッセージをご覧ください。

動画配信についてのお問い合わせ
健康医療福祉部 感染症対策課
電話番号:077-528-3041
FAX番号:077-528-4803