ここから本文です

近江上布

  • No.a0748
  • 地域区分:湖東
  • 市町名:愛荘町
  • 分野:伝統工芸
  • 地名(字名):蚊野外
  • 撮影年月日:2010年1月26日
  • 解説:鎌倉時代に京都の職人が高宮(彦根市)に移り住み、その技術を広めて発展をとげた近江上布。農家の副業として織られるようになり、近江商人によって全国に広まっていきました。着尺や甚平などに利用されるほか、インテリア素材としても重宝されています。
近江上布

写真をクリックすると拡大写真を表示します

ご注意
  • 各施設等についてのお問い合わせは、直接該当する各施設等へお問い合わせください。