ここから本文です

塩津港遺跡

  • No.b0515
  • 地域区分:湖北
  • 市町名:長浜市
  • 分野:琵琶湖
  • 地名(字名):西浅井町塩津浜
  • 撮影年月日:9月9日
  • 解説:【近江水の宝】湖北三湊の1つと称され、古代以来、北陸地方の物資を湖上交通を使って京都へ運ぶための集積地として、重要な位置を占めた塩津。近年の発掘調査により、平安時代の神社の跡が発見され、数多くの遺物が見つかり、古代から中世への移行期の港湾施設の実態が明らかになりました。
塩津港遺跡

写真をクリックすると拡大写真を表示します

ご注意
  • 各施設等についてのお問い合わせは、直接該当する各施設等へお問い合わせください。