ここから本文です

小堀遠州出生地

  • No.4501
  • 地域区分:湖北
  • 市町名:長浜市
  • 分野:名所史跡
  • 地名(字名):小堀町
  • 撮影年月日:2002年7月18日
  • 解説:江戸期の武士であり、建築家や造園家をはじめ、茶・華・歌にも秀でた小堀遠州の出生地です。小堀遠州は、1577年、小堀の生まれで、日本を代表する庭園といわれる大徳寺孤篷庵や桂離宮の庭園の作者として知られています。また、茶道を利休の高弟であった古田織部に学び、晩年には、三代将軍家光の茶道師範をつとめています。
小堀遠州出生地

写真をクリックすると拡大写真を表示します

ご注意
  • 各施設等についてのお問い合わせは、直接該当する各施設等へお問い合わせください。