文字サイズ

支援者インタビュー:東近江市商工会 経営指導員 大橋郁美さん

プロフィール:

2016年に滋賀県産業支援プラザ主催のインキュベーションマネージャー養成研修を受講。以降、インキュベーションマネージャーとして安土町商工会で創業支援に携わる。2020年4月に東近江市商工会に異動。

「趣味の延長からの気軽な起業でもOK。一人で悩まず、相談者や仲間を見つけましょう!」

県内にまだインキュベーションマネージャーが数名しかいなかった頃、上司の抜擢を受けて養成研修を受講したことから、創業支援に携わるようになったという大橋さん。女性ならではのきめ細かい視点と、明るく前向きな笑顔で、日々創業者のために奮闘中です。

___お仕事の内容を教えてください。

独立や起業を目指す方、起業して間もない方をサポートするインキュベーションマネージャーとして、東近江市商工会で創業支援全般を担当しています。

こちらの特徴は、女性を対象とした創業支援に力を入れているところです。女性の起業となると、最初から融資を受けて始めるというより、小さいお店や趣味の延長から気軽に始める方が多いです。そんな方に向けた創業塾や、専門家を招いての座談会、チャレンジショップなどを毎年開催しています。参加者の事業も、ネイルサロン、カラー診断、カフェ、子育て関連などさまざま。業種や起業までの準備段階も問いませんので、どんな方でも気軽に相談に来ていただければと思います。

 

___サポートするうえで大切にしていることは?

皆さんそれぞれに起業への思いを持って相談に来られるので、自分はどうしたいのか、何を求めて相談にこられたかを、十分に聞くよう心がけています。どんな相談をいただいても一旦はこちらで受け止め、すぐに対応できる部分はお答えしますし、必要な場合は専門家をご紹介することもあります。

また、相談には決まった答えを提供するのではなく、いくつかの選択肢を案内して、ご本人に決断していただくようにしています。決してこちらから誘導はしません。自分で決断し、納得して実行へうつしてもらうことを大切にしています。

 

___起業を目指す人へメッセージをお願いします。

一人で悩まず、相談者や仲間をつくって夢や目標に向かっていただきたいと思います。横の繋がりがあれば、ご自分の特技を活かしながら同じ立場の仲間と助け合うこともできます。一歩外に出れば同じように起業を目指す仲間はたくさんいますので、ぜひイベントや相談できる場を見つけて参加してみてください。

〇あなたを支える言葉

常に「何とかなる!」の精神で物事を考えるようにしています。何事もやってみないとわかりません。失敗してもいい、まずは自分を信じてポジティブに動き出してみましょう!

【施設情報】

  • 名称:東近江市商工会