文字サイズ

重要文化財建造物の保存修理工事の竣工について

重要文化財西徳寺本堂(長浜市木之本町赤尾)

滋賀県が所有者から受託し、令和2年度から継続事業として実施していました、重要文化財の西徳寺本堂の保存修理工事が、去る5月27日に竣工しました。

背景

重要文化財西徳寺本堂の屋根は葭(よし)葺で、前回修理から30年が経過し全体的に腐朽が生じ、雨漏りを生じていました。また小屋組内部の梁が破損していたため、本堂の屋根葭葺の葺替を中心とした保存修理工事を実施しました。

事業の概要

本事業は、令和2年4月から実施しており、令和2年度は耐震診断を行いました。令和3年10月から保存修理工事を行い、去る5月27日に全工事を終了しました。

本堂の修理は伝統的な技法をもちい、屋根葭葺を全て葺き替え、小屋梁や漆喰壁の修理等を行い、建立時に劣らぬ姿に蘇りました。

  • 文化財の概要
  1.  名称:重要文化財西徳寺本堂(さいとくじほんどう)
  2.  構造形式:桁行16.5メートル、梁間11.5メートル、一重、入母屋造、妻入、茅葺、向拝一間、桟瓦葺
  3.  建立年代:正徳3年(1713)
  4.  指定年月日:昭和61年5月24日
  • 事業概要・・・耐震診断、屋根葺替修理(葭葺)
  • 事業期間・・・全体:令和2年4月1日~令和4年5月31日
  • 事業費・・・・総事業費61,340,000円(国、県および市の補助事業)
1
(竣工)正面側全景
2
(竣工)背側面全景
3
(修理前)正側面全景
4
(修理前)背側面全景
お問い合わせ
文化スポーツ部 文化財保護課 建造物第二係
電話番号:077-528-4673
FAX番号:077-528-4956
メールアドレス:kenzou-2@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。