文字サイズ

しがのふるさと支え合いプロジェクト ~6月12日(日)栗東市走井地区で田植え体験イベントが開催されます~

 県では農山村の活性化を目指して、農山村集落と企業・大学等が協働活動を行う「しがのふるさと支え合いプロジェクト」を平成30年度より開始しました。両者は3年間の協働活動の内容を定めた協定を締結し、地域活性化に向けた活動を行います。

 「明日の走井を考える会(栗東市)」は(株)パソナ・滋賀と令和2年度に協定を締結し、棚田周辺の草刈りや、あじさいロードの手入れといった保全管理について協働活動を行っています。また、令和4年度には立命館大学経済学部とも協定を結び、学生のアイデアを活かした都市農村交流事業等に取り組む予定です。

 令和4年6月12日(日)にはこれらの団体との協働活動の一環として、棚田での田植え体験イベントが開催されます。早乙女姿での田植えも企画されており、イベントの盛り上がりが期待されます。

田植え体験の様子(令和2年度)

田植え体験について

~詳細~
開催日 6月12日(日)※小雨決行
時間 9時30分から11時30分まで
場所 走井体験農場(栗東市荒張555)
集合 栗東市走井 廣徳寺下広場
参加費 1,000円(1家族当たり、中学生以下は無料)
持ち物 タオル、着替え、靴下等

主催等 問い合わせ先

主催:「明日の走井を考える会」

協賛:こんぜ清流米研究会

電話:090-2705-6368(明日の走井を考える会・小林)

お問い合わせ
農政水産部 農村振興課 中川、丸橋、竹山
電話番号:077-528-3962
FAX番号:077-528-4888
メールアドレス:gh01@pref.shiga.lg.jp