文字サイズ

第69回『防災カフェ』を開催します。

災害についての研究や活動をされている方をゲストとして招き、ファシリテーターとのやり取りを通して、県民の皆さんの防災意識をさらに高めることを目的として、『防災カフェ』を下記のとおり開催しますので、お知らせします。

1  日時  令和4年5月27日(金)  18時30分から20時30分まで

2  内容  梅雨に備える水害復旧の知識  ~風水害が一番多い夏の前に備える防災~

ゲスト (講演者)  災害NGO結 ~yui~  代表  前原 土武  さん

※1978年沖縄県生まれ。美容師、アウトドア添乗員を経て、東日本大震災をきっかけに現職。発災後24時間以内に災害地に駆けつけ、被害の概況の発信や今後必要とされる支援を見立て、復旧・復興期まで幅広に支援調整業務を行う。2011年以降、支援で訪れた地域は25か所以上。団体名である「結」は、出身地沖縄の「ユイマール」(共同作業の習わし)と、自然災害で被害に遭われ困っている方々と、それをサポートしたい方々を少しでも早く繋げる事で未来の笑顔に結び付いてほしいという想いが込められている。

 ファシリテーター 災害NGO結 ~yui~  事務局  西谷 明日希  さん

※1989年大阪府生まれ。一般企業を退職後、2015年から本格的に被災地支援に関わり、2017年から現職。被災地のテクニカルボランティアの調整や事務局機能全般を担当する。

【ゲストからのコメント】

梅雨から台風シーズンと、夏から秋にかけては、風水害の発生確率が高くなります。気象変動の影響で「観測史上最大」の雨も珍しくなくなってきました。実際に災害にあってしまったらどうしたらいいのか?今回は、水害にあったときに、何をすればいいのか?お家の中の構造の話なども交えて解説します。

3  参加方法  自宅等からWeb会議システム(Zoom)により、次の手順による参加になります。

(1) スマートフォンかインターネットを利用できるPCを準備する。(5月27日の午前中までに参加希望のメール(下記アドレスまで)をいただきます。)

(2) Web会議システム(Zoom)をインストールする。(方法は(1)の返信の中で説明します)

(3) こちらから、5月27日(金)までに送る会議への招待メールにより参加する。

なお、Web会議に参加できない方のために、事前に電話等で希望を取り、滋賀県危機管理センター1階エントランスホールでも参加できるようにします。

 中止する場合は5月27日の14時までにHP(防災カフェ滋賀県 で検索)でお知らせします。

お問い合わせ
知事公室 防災危機管理局
電話番号:077-528-3438
FAX番号:077-528-6037
メールアドレス:bousai-cafe@pref.shiga.lg.jp