文字サイズ

NTT西日本グループによる水草等を活用した地域資源循環の取組について

 滋賀県(以下、「県」という。)では、夏季に琵琶湖で大量繁茂する水草による自然環境や生活環境への悪影響を軽減するため、水草の刈取り除去を行っています。また、水草の有効利用を推進しており、有効利用の仕組みづくりや技術開発等に取組む企業・研究機関等に対して、県が刈取り除去した水草を提供しています。

 今回、NTT西日本グループ様では、水草等を活用した地域資源循環の実現を目指して、県が提供した水草を主な原材料とするたい肥を製造し、農作物の栽培および販売の実証試験を実施されました。(詳細はhttps://www.ntt-west.co.jp/news/2204/220421a.html)。この取組は、県が目指す「環境と経済・社会活動をつなぐ健全な循環」の構築に大きく貢献できるものです。

 県では、水草の有効利用に関するこれらの取組を今後も継続して支援し、地域資源の循環利用やビジネス化を推進していきます。

県が刈取り除去した水草を、NTT西日本グループに提供。NTT西日本グループにてたい肥を製造し、ブロッコリーを栽培。収穫したブロッコリーを道の駅で試験販売し、消費者の反応を調査。

実証試験に関する問合せ

NTTビジネスソリューションズ 滋賀ビジネス営業部

TEL:077-527-6157

お問い合わせ
琵琶湖環境部 琵琶湖保全再生課 水質・生態系係
電話番号:077-528-3463
FAX番号:077-528-4847
メールアドレス:dk00@pref.shiga.lg.jp