文字サイズ

ギャラリー展示「森へ行こう、森と生きよう。」を開催します

 令和4年(2022年)6月5日(日曜日)に、滋賀県で「第72回全国植樹祭」が甲賀市「鹿か深ふか夢の森」をはじめ県内各地で開催されることを記念して、琵琶湖博物館ではギャラリー展示「森へ行こう、森と生きよう。」を、3月20日(日曜日)から6月5日(日曜日)まで開催します。開幕日の3月20日(日曜日)には、セレモニー等の関連イベントも実施されます。

名称

滋賀県立琵琶湖博物館ギャラリー展示「森へ行こう、森と生きよう。」 

(主催:滋賀県琵琶湖環境部全国植樹祭推進室、滋賀県立琵琶湖博物館)

期間

令和4年(2022年)3月20日(日曜日)~ 6月5日(日曜日)

10時00分 ~ 17時00分(最終入館16時00分)

休館日:月曜日など 

場所

滋賀県立琵琶湖博物館1階 企画展示室 (草津市下物町1091)

料金

無料(常設展示の観覧券が必要です。また、入館には事前予約をお願いします。)

内容

 滋賀県の面積の約半分を占める森をテーマに、「森のすごさ」、「森へ行く楽しさ」、「木のすごさ」を「しがの森の精ボズー」が案内します。森や木のすごさだけでなく、それらを身近に感じられるよう、県内の森のおすすめポイントを紹介するパネルのほか、丸子船の模型や、東屋、様々な木製品、どんぐりなどを展示し、これからの森と人との関わりを考えます。

関連イベント(全国植樹祭推進室主催)

 開幕日の3月20日(日曜日)には、オープニング・セレモニーが10時~10時30分に企画展示室前のアトリウムで開催されます。セレモニー後は、ギャラリー展示会場でのクイズラリーや、うみっこ広場での木製ブロック体験も楽しめます。 
また、最終日の6月5日(日曜日)には『第72回全国植樹祭』が開催され、琵琶湖博物館はサテライト会場の1つとして、関連イベントが開催される予定です。

<参考>全国植樹祭とは

 全国植樹祭とは、豊かな国土の基盤である森林・緑に対する国民的理解を深めるために開催する国土緑化運動の中心的行事です。毎年、都道府県をまわり開催されており、滋賀県での開催は47年ぶり2回目です。式典会場には天皇皇后両陛下のご臨席を賜り、お手植えやお手播きなどが行われます。

お問い合わせ
琵琶湖博物館
電話番号:077-568-4811
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。