文字サイズ

滋賀県立総合病院新広報誌「FACE」の創刊について

 当院の新しい広報誌「FACE」(フェイス)を創刊しましたのでお知らせします。

 院内での配架やホームページに掲載するほか、県内の診療所等の関係機関に送付しますので、ぜひ手に取ってご覧いただきたいと思います。

(1)創刊の目的

 当院の医師や看護師をはじめ医療の現場で日夜奮闘するスタッフの素顔を紹介することにより、多くの方に当院のことをもっと知っていただき、身近に感じていただきたいとの思いから「FACE」を創刊しました。

 患者さんや県民の皆様に安心を届けて、医療機関など関係の方々との強い信頼を築くことができる、そんな広報誌を目指します。

(2)タイトルの「FACE」とは

 「FACE」には「顔」の他に「向き合う」や「立ち向かう」という意味があります。

 スタッフの「素顔」とともに、患者さんと常に「向き合い」、どんな病気や困難にも果敢に「立ち向かって」、未来に「向かって」道を切り拓いていく姿をお伝えしたいという思いを込めています。

(3)発行時期

 第2号は令和4年4月に発行し、以降毎月月末に発行の予定です。

(4)発行部数

 毎号2,000

(5)主な送付先

 県内医療機関、各市町、県内医師会、県内大学・高校、医療従事者養成機関他

(6)創刊号の見どころ

 創刊号では一山智総長兼病院長が登場します。

 2018年(平成30年)4月の就任から3年間を振り返るとともに、「滋賀に住んでいてよかったと思っていただける医療」を目指して、当院における高度医療の提供や医療安全の強化、地域の医療機関との連携の取組を紹介します。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。