文字サイズ

県政eしんぶん報道資料

公開日:2022年3月8日

プレスリリース(資料提供)のペーパーレス化の取組について

年間約16万5千枚の紙削減、73万円の経費削減!

県では、庁内外(企業や団体等も含む)からの資料提供(プレスリリース)を、滋賀県政記者クラブ等の報道機関に提供しています。

これまで報道機関に提供する資料はすべて紙でお配りしておりましたが、報道各社のご理解をいただき、本年1月7日よりペーパーレス化の試行を開始しました。

3月6日までの2か月の試行期間中に、727件の資料提供を実施。

うち85%にあたる615件を電子データで提供し、以下のとおり紙の使用枚数や経費の削減につながりました。

成果や効果のポイント

取組全体の成果(庁内外の資料提供の合計)

  • 727件の資料提供のうち、85%にあたる615件が電子データに
  • 27,792枚(年換算:166,752枚)の紙を削減
  • CO2排出量に換算すると、年間310kgを削減

県の取組成果(県の資料提供分のみ)

  • 401件の資料提供うち、97%にあたる389件が電子データに
  • 16,380枚(年換算:98,280枚)の紙を削減
  • CO2排出量に換算すると、年間183kgを削減
  • 用紙代・印刷代・FAX代削減で、県の経費約12万円(年換算:73万円)を節約

背景と今後

脱炭素化に向けた世界的な潮流が加速化する中で、本県では2050年「CO2ネットゼロ」を目指すこととし、関連する条例や計画類の見直しを行っているところです。

また県は、これらの施策を進める立場から一事業者としても率先して取り組んでいくため、環境にやさしい県庁率先行動計画(グリーン・オフィス滋賀)を定め、紙の使用枚数やエネルギー消費の削減に取り組んでいます。

こうしたCO2ネットゼロに向けた取組や、デジタル化の流れなどを背景として、資料提供のペーパーレス化を試行したところです。

本取組は、報道機関の皆様のご理解も得ながら、引き続き継続してまいります。

資料提供のペーパーレス化

[これまで]
媒体:紙
配布方法:記者室に配布
県庁外からの提供方法:広報課に紙資料30部を持参または送付

 

[変 更 後]
媒体:電子

配布方法:E-mailで、当日の一覧表と合わせて配信
県庁外からの提供方法:「しがネット受付サービス」から電子で申込(以下HP)
https://www.pref.shiga.lg.jp/kensei/koho/koho/322725.html

お問い合わせ
滋賀県知事公室広報課
電話番号:077-528-3042
FAX番号:077-528-4803
メールアドレス:koho@pref.shiga.lg.jp