文字サイズ

琵琶湖外来水生植物対策協議会総会を開催します

 琵琶湖ではオオバナミズキンバイやナガエツルノゲイトウなどの侵略的外来水生植物の繁茂が問題となっています。オオバナミズキンバイについては、平成28年度に最大生育面積が過去最大となりましたが、緊急かつ大規模な駆除を実施した結果、令和2年度末には琵琶湖全体を管理可能な状態とすることができました。
 今後も、低密度な状態を維持するため、引き続き巡回・監視を主体とする対策事業を継続する必要があります。
 
このことから、次年度の対策等について議論するため、令和3年度 第2回琵琶湖外来水生植物対策協議会総会を下記のとおり開催します。

《令和3年度 第2回 琵琶湖外来水生植物対策協議会総会》

●日程:令和4年2月14日(月)13:30から15:30まで

●場所:大津市民会館2F小ホール(大津市島ノ関14-1)

●内容:
 報告事項

・令和3年度における侵略的外来水生植物対策の取組状況について

・令和3年度における各構成団体の取組状況について

 議事事項

・令和4年度事業計画(案)について

・令和4年度収支予算(案)について

●その他:会場での傍聴や取材のご希望がございましたら、2月10日(木)までに琵琶湖外来水生植物対策協議会事務局(自然環境保全課内)までご連絡ください。

琵琶湖外来水生植物対策協議会とは・・・

外来水生植物対策を推進することで、琵琶湖における生物多様性の保全再生等に資することを目的として設立され、NPO団体や漁協、関係市など19団体により構成されています。

お問い合わせ
琵琶湖環境部 自然環境保全課 生物多様性戦略推進室
電話番号:077-528-3483
FAX番号:077-528-4846
メールアドレス:dg00@pref.shiga.lg.jp