文字サイズ

滋賀県の国籍別外国人人口について

令和3年(2021年)12月31日現在の住民基本台帳をもとに、滋賀県が本県の国籍別外国人人口を調査いたしました。その結果、本県の外国人人口は32,651人となり、前年(33,076人)よりも425人減少しました。平成27年より増加傾向が続いていた外国人人口は、新型コロナウイルス感染症拡大を防ぐための入国制限などにより、減少する結果となりました。

国籍別人口ではもっとも人口の多いのは「ブラジル」(8,966人)次いで「ベトナム」(6,455人)、「中国」(4,625人)の順となり、全体の6割を占めていますが、「ブラジル」「中国」がそれぞれ前年比0.8%、11.8%減少する中、「ベトナム」は9.4%増加しています。国・地域別では前年は108の国・地域でしたが、令和3年は106の国・地域となりました。在留資格別では「永住者」(10,044人)が最も多く、次いで「定住者」(4,795人)、「技能実習(1号イ,同ロ,2号イ,同ロ,3号イ及び同ロの総数)」(3,900人)となりこの3つで全体の6割近くを占めています。

滋賀県内市町別の全ての「国籍別・地域別」、「年齢別」、「在留資格別」にまとめたものを県のホームページにて公表いたします。過去調査分を含めてオープンデータとして利活用いただけるよう公表していますので、詳しくは県のホームページをご覧ください。

調査結果

過去の調査結果を含め、詳細は下記リンクをご覧ください。

主な国籍別人口とその割合(令和3年12月末現在)

国勢別外国人割合(令和3年12月末)
(表)
国籍 人数 割合
ブラジル 8,966 27.5%
ベトナム 6,455 19.8%
中国 4,625 14.2%
韓国 3,853 11.8%
フィリピン 2,698 8.3%
ペルー 1,559 4.8%
インドネシア 935 2.9%
その他 3,560 10.9%
合計 32,651 100

国籍別人口の変化

国籍別人数の変化
  • 平成18年~令和3年、各年12月末現在
  • 平成23年12月末までは外国人登録者数、平成24年12月末からは住民基本台帳による
  • 令和元年度までは「韓国・朝鮮」を合わせて集計
お問い合わせ
滋賀県総合企画部国際課
電話番号:077-528-3063
FAX番号:077-521-5030
メールアドレス:kokusai@pref.shiga.lg.jp