文字サイズ

滋賀県立琵琶湖博物館 令和3年度新琵琶湖学セミナー「琵琶湖の三大問題-深呼吸・水草・外来種は今どうなっている?」を開催します

 琵琶湖博物館では、令和3年度新琵琶湖学セミナー(全3回・要事前申込・無料)をオンラインで開催します。近年注目を浴びている琵琶湖の三大問題について、その現状を当館学芸員と館外の専門家による講演で、わかりやすく解説します。皆様のご参加をお待ちしております。

令和3年度新琵琶湖学セミナー 「琵琶湖の三大問題-深呼吸・水草・外来種は今どうなっている?」

【 第1回 どうなる? 琵琶湖の『深呼吸』 】

日時:2022年(令和4年)1月22日(土曜日)13時30分~15時30分(申込み締切り 1月17日(月曜日))

内容:

戸田孝(琵琶湖博物館)

「そもそも『深呼吸』とは何か~物理的なメカニズム」

石川俊之氏(滋賀大学教育学部)

「『深呼吸』が不完全だと何が起こるか~野外観測の結果から」

【 第2回 琵琶湖の水草は増えすぎなのか? 】

日時:2022年(令和4年)2月26日(土曜日) 13時30分~15時30分(申込み締切り 2月16日(水曜日))

内容:

芳賀裕樹(琵琶湖博物館)

「琵琶湖における水草の繁茂と現状」

佐藤祐一氏(琵琶湖環境科学研究センター)

「水草からみた琵琶湖の長期変遷~シミュレーションモデルを用いた解析から」

【 第3回 解決できるか? 外来種問題 】

日時:2022年(令和4年)3月26日(土曜日)13時30分~15時30分(申込み締切り 3月16日(水曜日))

内容:

五箇公一氏(国立環境研究所)

「なぜ外来生物は管理が必要なのか?〜地球環境問題の視座から考える」

中井克樹(琵琶湖博物館)

「琵琶湖の外来種問題を振り返って:人が引き起こした自然の攪乱、社会の混乱」


参加費:無料

開催方法:オンライン開催

申込方法:

琵琶湖博物館のホームページ「イベント」より詳細をご確認の上、「しがネット受付サービス」にて必要事項をお送りください。

開催の3日前を目途に、申込み時に登録されたメールアドレス宛に視聴URL等を送付します。

お問い合わせ
琵琶湖博物館
電話番号:077-568-4811
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。