文字サイズ

【実施内容を変更します】「日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル in 近畿ブロック&グランドフィナーレ」の開催について

 令和4年(2022年)2月6日(日)から3月21日(月・祝)にかけて、滋賀県内各地および大阪市で「日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル」の「近畿ブロック&グランドフィナーレ」を開催します。

 本フェスティバルは、文化庁が実施する「日本博」のプログラムの一つであり、日本博のテーマである「日本人と自然」を障害者の文化芸術を通して表現し、その魅力を国内外に発信することを目的としています。

 令和2年(2020年)2月に、大津市内で開催した「グランドオープニング」を皮切りに、令和2年度から3年度にかけて全国6ブロック(中国・四国、九州、北海道、東海・北陸、東北、関東・甲信)で巡回開催を行ってきました。

 そして今回、「グランドオープニング」を行った本県で、フェスティバルの締めくくりとなる「近畿ブロック&グランドフィナーレ」を開催します。

 ※ 新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、実施内容を一部変更しています。

 ※ 「障害者の文化芸術フェスティバル」についてはこちらをご覧ください。

「近畿ブロック&グランドフィナーレ」の概要

・ 主催者等

主催:文化庁、独立行政法人日本芸術文化振興会、日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルに向けた全国会議、日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル近畿ブロック実行委員会

 ※ 滋賀県は、「全国会議」と「実行委員会」の構成員として参画しています。

 共催:2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた障がい者の芸術文化活動推進知事連盟、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール

 後援:滋賀県教育委員会、大津市、大津市教育委員会、近江八幡市、近江八幡市教育委員会

・ 日程・変更後の内容

 2月6日(日) 舞台芸術公演・大阪会場(大阪市・STUDIO PARTITA)
中止します

 2月8日(火)9日(水) バリアフリー演劇(県立野洲養護学校)
中止します

 2月11日(金・祝)~3月21日(月・祝) 展覧会「アール・ブリュット-日本人と自然-BEYOND」(ボーダレス・アートミュージアムNO-MA、旧増田邸、まちや倶楽部)
各会場で人数を制限します

 2月12日(土) バリアフリー映画(近江八幡市文化会館)
入場者数を各回先着50名とし、監督トークは中止します

 2月13日(日) “農×福×食”イベント(ヴィラ・アンジェリカ近江八幡)
入場者数を60名とし、3色パン・ドリンクはお持ち帰りしていただきます

 2月20日(日) 舞台芸術公演(県立芸術劇場びわ湖ホール)
無観客とし、無料ライブ配信を実施します
(URL : https://archive.artbrut-creation-nippon.jp/stage/shiga/

 ※ その他詳細は、こちらをご覧ください。

・ 記者会見の開催

令和3年(2021年)12月23日(木)に、「日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル」の開催について記者会見を行いました。

会見には、久保厚子氏(日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバルに向けた全国会議会長)、尾上浩二氏(同副会長)、三日月大造滋賀県知事が出席し、フェスティバルの概要や「合理的配慮」「共同創造」、県の取組等について説明しました。

左から尾上氏、久保氏、三日月知事

(参考)本県での障害者の文化芸術活動のひろがりと「グランドオープニング」からの県の取組について

1 本県での障害者の文化芸術活動のはじまりとひろがり

 本県では、戦後まもなくから糸賀一雄氏らにより、障害者福祉施設「近江学園」で粘土を利用した造形活動が始まりました。この活動は、障害者福祉の思想とともに県内の福祉施設に受け継がれ、多くの人々が関わる中で芸術の領域で評価される作品が見出されてきました。

 その後も関係者の努力や協力のもと、本県では、全国に先駆けて、誰もが造形活動や表現活動を楽しむことができる環境づくりに取り組まれてきました。

 こうした中、造形活動では、2017年の「2017ジャパン×ナント プロジェクト」等の海外展示において、本県出身の作家の作品が出展されるなど、世界的な評価を得るようになりました。また、本フェスティバルに出演される「湖南ダンスカンパニー」が「令和3年度滋賀県文化奨励賞」を受賞するなど、ダンスや和太鼓などの表現活動についても、県内各地で広がりを見せています。

2「グランドオープニング」からの県の取組

令和2年2月に本県で「グランドオープニング」を開催した後、フェスティバルは2年をかけて全国各地を巡回してきましたが、その間、県においても障害者の文化芸術活動を推進する様々な取組を展開してきました。

平成31年に施行した「滋賀県障害者差別のない共生社会づくり条例」を受け、令和2年3月に文化芸術分野でもより一層の取組推進を図るため、「滋賀県障害者文化芸術活動推進計画」を策定しました。

計画の策定を受けて、令和2年度から3年度にかけて、「文化芸術×共生社会プロジェクト」を展開し、障害のある人もない人も一緒に楽しめる音楽公演などを行っています。

また、県内施設等でのアール・ブリュット作品の展示や、障害のある方の作品を広く公募する「ぴかっtoアート展」なども展開しています。

さらに、今年度からは、障害者等が文化芸術活動を行える「場」を県内各地に生み出すため、活動を支える人々のネットワークづくりなどにも取り組む(詳細はこちら)など、障害の有無にかかわらず誰もがともに文化芸術活動に親しみ、活躍する環境の実現を目指しています。

問合せ先

<障害者の文化芸術フェスティバルに関する問合せ先>
〒521-1311 近江八幡市安土町下豊浦4837-2
日本博を契機とした障害者の文化芸術フェスティバル近畿ブロック実行委員会事務局((社福)グロー)
TEL:0748-46-8100
E-mail:creationnippon@gmail.com

<県の取組についての問合せ先>
〒520-8577 大津市京町四丁目1番1号

滋賀県文化スポーツ部文化芸術振興課振興係
TEL:077-528-3344
E-mail:sc0001@pref.shiga.lg.jp