文字サイズ

「農山村ニューツーリズム」東近江・湖北エリアでモニターツアーを実施しました!

~県内農山村をめぐり、農業・林業・水産業等の滋賀ならではの魅力を体験できる1泊2日のモニターツアーを実施しました~

1. 背景

コロナ禍を経て、適度な疎や豊かな自然を有する農山村に対するニーズが高まっています。本県の農山村は豊かな自然を生かした暮らしが営まれ、環境こだわり農業や魚のゆりかご水田、えり漁等、日本農業遺産に認定された琵琶湖と共生する農林水産業が展開されています。また、都市からアクセスが良く繰り返し訪れやすいという特徴を有しています。県では農山村地域の活性化を図るため、滋賀ならではの魅力を満喫できる新たな体験型・滞在型旅行「農山村ニューツーリズム」を推進しています。このたび、県内農山村をめぐり、農業・林業・水産業等の滋賀ならではの魅力を体験できるモニターツアーを10月22日、23日の1泊2日で実施しました。

2. モニターツアー概要

(1) 日時:令和3年10月22日(金)9:00~23日(土)16:00

(2) 場所:近江八幡市沖島、長浜市余呉町

(3) 参加者:県外モニター9名

3.内容

【1日目】沖島&余呉町

 沖島で地元漁師さんの話を聞いたり、えび豆実演が行われました。昼食は琵琶湖でとれた湖魚、地元野菜を使ったお弁当。地元のお母さん方の手作りです。昼食後はボランティアガイドさんによる島内見学。沖島の歴史あるお寺や神社を散策しました。
沖島のあとは長浜市余呉で林業体験。自生する樹木「黒文字(クロモジ)」を山に見に行きました。森と繋がる香りづくりワークショップと題して枝を削って自分だけのオリジナルの爪楊枝を作ったり、ハーブウォーターを楽しみました。甘く爽やかな香りが部屋いっぱいに広がり癒しの時間を過ごしました。夕食後にはクロモジコーヒーも堪能しました。

モニターツアー
【1日目】えび豆
モニターツアー
【1日目】島内散策の様子
モニターツアー
【1日目】楊枝作りの様子

【2日目】余呉町池原

 余呉町池原でそばの収穫を行いました。そばの刈り取り、はさがけを2aの畑で実施。みなさん、収穫したそばをわらで縛るのにはとても苦戦されていましたが、全て刈りとったという達成感が良かったとのお声をいただきました。そして、体を動かした後はそば打ち体験。丁寧に教えていただきながら、そば粉を混ぜるところから茹でるところまで体験。細く切るのが難しい等実体験の中で分かることがたくさんありました。お昼は自分たちで作ったそばを食べて大満足。湖北野鳥センターで野鳥を見て、2日間のツアーを振り返り、解散しました。

モニターの方からは、行き先の情報を事前によく知っておくと、現地に親しみやすく、地元の方との交流が深まったとのご意見をいただきました。
ツアーとして販売ができるよう、旅行会社と連携し、ツアーの内容を精査し、さらなるブラッシュアップを図ります。

モニターツアー
【2日目】そば刈り体験の様子
モニターツアー
【2日目】そば打ち体験の様子
モニターツアー
【2日目】ツアーの振り返りの様子
お問い合わせ
農政水産部 農村振興課 地域資源活用推進室
電話番号:077-528-3962
FAX番号:077-528-4888
メールアドレス:gh01@pref.shiga.lg.jp