文字サイズ

令和3年度滋賀県原子力防災訓練(本部事務局運営訓練・ 緊急時モニタリング訓練)の実施について

原子力災害に対する職員の対応能力および対応マニュアル等の実効性を向上させるため、主に県職員を対象とした原子力防災訓練を行います。

内容

  • 日時:令和3年10月14日(木曜日)9時から16時30分まで、15日(金曜日)8時45分から16時まで
  • 場所:危機管理センター、衛生科学センター、長浜市内、高島市内ほか
    ※実施日時、場所の詳細は「訓練項目」の項を参照
  • 訓練想定:美浜発電所で事故が発生し、放射性物質が放出。長浜市および高島市の一部で避難等の措置を要する水準まで空間放射線量率が上昇。
  • 参加・協力機関:内閣府、原子力規制庁、陸上自衛隊第3戦車大隊、県内各市町、県内各消防本部(局)、長浜水道企業団、(一社)滋賀県バス協会、(一社)滋賀県道路建設協会、関西電力送配電(株)、日本原子力発電(株)、(国研)日本原子力研究開発機構(35機関) 
  • 訓練参加・協力人数:約150名(滋賀県職員を含む)

注記

  • 災害が発生し、または発生するおそれのある事態が発生したときは訓練を中止します。また、荒天等により訓練の一部を変更することがあります。
  • 交通事情等により、時間が前後する場合があります。

訓練項目

  • 災害対策(警戒)本部事務局運営訓練

日時:10月14日(木曜日)9時~16時30分、15日(金曜日)13時~16時

場所:危機管理センター3階オペレーションルーム

内容:防護措置(屋内退避、一時移転、安定ヨウ素剤の配布等)実施方針の決定、国、原子力事業者(関西電力)からの情報収集および情報伝達

 

  • 緊急時モニタリング本部運営訓練

日時:10月14日(木曜日)9時~16時30分、15日(金曜日)13時~16時

場所:危機管理センター3階オペレーションルーム

内容:緊急時モニタリングの実施区域および項目の決定、緊急時モニタリング要員の被ばく管理

 

  • 空間放射線量率測定訓練・環境試料採取訓練

日時:10月15日(金曜日)8時45分~14時

場所:大津市内、長浜市内、高島市内

内容:モニタリング車による空間放射線量率の測定、環境試料(土壌、飲料水、琵琶湖水、農作物、林産物)の採取

 

  • 環境放射能分析訓練

日時:10月15日(金曜日)8時45分~16時

場所:衛生科学センター(大津市御殿浜13-45)

内容:搬入された環境試料の放射能分析

関係マニュアル等

  • 滋賀県原子力防災初動対応マニュアル
  • 原子力災害に係る滋賀県広域避難実施要領
  • 滋賀県緊急時モニタリング実施要領

今後の予定

  • 福井県、滋賀県、岐阜県および内閣府合同での災害対策本部等運営訓練(10月29日)
  • 住民避難訓練(11月20日)

 ※新型コロナウイルス感染症の流行状況等により縮小および中止の可能性があります。

お問い合わせ
知事公室 防災危機管理局 原子力防災室
電話番号:077-528-3445
メールアドレス:as0006@pref.shiga.lg.jp