文字サイズ

無料展示ガイドアプリ「ポケット学芸員」を導入しました

 琵琶湖博物館では、スマートフォンを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」(開発元:早稲田システム開発株式会社(東京都新宿区))のサービスを新たに導入し、臨時休館期間後の10月1日(金曜日)の開館からご利用できるようになりました。

 「ポケット学芸員」は、スマートフォンを利用して展示解説を閲覧できるガイドアプリです。ひとつのアプリをダウンロードすれば、全国の100以上のミュージアムで使うことができます。

 琵琶湖博物館では、このアプリを利用して、日本語を含む7つの言語で展示解説を見ることができます。「ポケット学芸員」を利用して、より多くの方がたに琵琶湖博物館の展示を新しい形で楽しんでいただけるようになりました。

ポケット学芸員

ポケット学芸員の概要

「ポケット学芸員」は、スマートフォンを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリです。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマートフォンにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができます。

 ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信されています。

アプリホームページ : http://welcome.mapps.ne.jp/pocket

アプリのFacebookページ : https://www.facebook.com/pocketcurator/?fref=ts

ポケット学芸員は、 GooglePlay/App Storeにて、無料でダウンロードいただけます。「ポケット学芸員」と検索してください。

「ポケット学芸員」の琵琶湖博物館展示ガイド画面
お問い合わせ
琵琶湖博物館
電話番号:077-568-4811