文字サイズ

「琵琶湖の葦(ヨシ)でサスティナブルな湖国の新たな特産品を作るプロジェクト」を補助事業の第1号として採択しました!

滋賀県ではしがCO2ネットゼロ社会の実現に向けて、
しがCO₂ネットゼロに資する取組の資金調達(クラウドファンディング)を支援するため、
「しがCO₂ネットゼロアクション支援事業補助金」制度にて、補助事業者を募集しています。

この度、「琵琶湖の葦(ヨシ)でサスティナブルな湖国の新たな特産品を作るプロジェクト」を、
令和3年度CO₂ネットゼロアクション支援事業補助金における補助事業の第1号として採択いたしました!

高麻株式会社(高島市)と滋賀県立大学がコラボされ、
CO₂を吸収して育ったヨシを刈り取り、エコバック・マスクなどとして商品化することで、
CO₂排出量の削減につなげる「CO₂ネットゼロアクション」プロジェクトです

詳細は、下記ホームページをご覧ください。
(URL)https://camp-fire.jp/projects/view/418466

滋賀県は、県内の「CO₂ネットゼロアクション」を支援しています!
皆さまもぜひこのプロジェクトを応援ください!

※令和3年度しがCO2ネットゼロアクション支援事業補助金
当該事業の詳細は滋賀県の下記ホームページよりご覧ください。
(URL)https://www.pref.shiga.lg.jp/ippan/kankyoshizen/ondanka/319731.html

葦(ヨシ)のはたらきについて

ヨシは、CO₂を吸収して生育します。(光合成によるCO₂の固定化)

そのため、ヨシを活用した商品を作ることで、CO₂排出量の削減につながります。

他にも、ヨシ(ヨシ群落)には、水をきれいにしたり、魚や鳥のすみかになったりするはたらきがあります。

お問い合わせ
滋賀県総合企画部CO2ネットゼロ推進課
電話番号:077-528-3090
FAX番号:077-528-4808
メールアドレス:cg02@pref.shiga.lg.jp