文字サイズ

滋賀県警察部『明治天皇容態日誌』の公開について

 このたび県立公文書館では、東近江市在住の個人より、滋賀県警察部『明治天皇容態日誌』の寄贈を受け入れ、一般の利用に供することにしましたので、お知らせします。

 本資料は、明治45年(1912年)7月20日より大正元年(1912年)9月末まで、滋賀県警察部が作成した事務日誌です。明治天皇が崩御する10日前に、宮内省より天皇の病状が伝えられたことを受けて、その後の天皇の容態や県警の事務概要などが記録されています。警察部長の諭示や新聞記者の召喚など、本資料にのみ記載されている情報も多数含まれ、明治天皇崩御前後の県警の対応をうかがうことができる貴重な資料といえます。

 当館では、歴史資料として重要な本県の公文書のうち、当館が保存するものを特定歴史公文書等として一般の利用に供しています。このたび寄贈を受けた資料も、他の特定歴史公文書等と同様に、利用請求書を御提出いただければ、どなたでも現物をご覧いただけます。お手持ちのカメラ等で撮影もできますので、どうぞご利用ください。

 1 利用開始日
 令和3年(2021年)4月19日(月) 

2 閲覧場所
 滋賀県立公文書館(県庁新館3階) 

3 公開資料
 滋賀県警察部『明治天皇容態日誌』1点
 *詳細は別紙参照

4 問合せ
 滋賀県立公文書館
 電話 077-528-3126 FAX 077-528-4813
 
E-mail archives@pref.shiga.lg.jp
 HP
https://archives.pref.shiga.lg.jp/

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。