文字サイズ

滋賀県琵琶湖環境科学研究センター令和2年度びわ湖セミナーの開催について

 琵琶湖では、プランクトン相の変化や湖底環境の変化、水草の大量繁茂など、生態系にかかわる様々な課題に直面しているところです。これら課題の解決の指標の一つであり、また県民の方々の関心の高い事柄として、在来魚介類のにぎわいが挙げられます。琵琶湖環境科学研究センターでは、平成29年度から令和元年度にかけて定めたセンター第5期中期計画において、この「在来魚介類のにぎわい復活に向けた研究」を行ってまいりました。

 本セミナーでは、「在来魚介類のにぎわい復活に向けた研究」について昨年度までの3年間で得られた成果を紹介します。例年は、現地講演という形で開催を行っておりましたが、新型コロナウィルス感染症対策のため、今回はYoutube上でのリアルタイム配信で紹介します。皆様のご参加をお待ちしております。

1.日時

令和3年3月16日(火曜日) 13時15分~15時35分

令和3年3月30日(火曜日) 16時までアーカイブ視聴が可能です。

2.場所

Youtube URL限定公開

URL:https://youtu.be/akx-jJERqUE

3.内容

・基調講演

 「琵琶湖の環境および水産資源の現状と課題」

 水産試験場長 遠藤 誠 氏

・概要説明

 「在来魚介類のにぎわい復活」

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 東 善広 専門研究員

・口頭発表

 「琵琶湖沿岸域における固定環境・生物再生に向けた研究」

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 井上 栄壮 専門研究員

 「在来魚の保全に向けた水系のつながり再生に関する研究」

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 水野 敏明 主任研究員

 「生態系保全につながる物質循環のあり方に関する研究」

 滋賀県琵琶湖環境科学研究センター 佐藤 祐一 専門研究員

4.申込方法

なし

センターホームページの「お知らせ」からお越しください。

5.お問い合わせ先

滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(担当:塩崎・白川・野村)

大津市柳が崎5-34TEL:077-526-4800

6.その他

詳細は以下のびわ湖セミナーチラシをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。