文字サイズ

滋賀県は県政150周年を迎えます

滋賀県政150周年記念事業

(公社)びわこビジターズビューロー

滋賀県は、明治5年(1872年)9月29日に滋賀県と犬上県が合併し、現在の県域となって成立しました。令和4年(2022年)9月に滋賀県が誕生してから150年の節目を迎えるにあたり、県民一人ひとりがこれまでの滋賀の歴史を学んで先人の努力を振り返り、滋賀に一層誇りや愛着を持つとともに、未来を考える契機とすることを目的として、今後も県政150周年を記念した様々な取組を進めていきます。

~写真の紹介~
1列目左:大津港、中:百済寺、右:竹生島
2列目左:豊公園長浜城、中:記念ロゴマーク・キャッチフレーズ、右:伊吹山
3列目左:第一なぎさ公園、中:永源寺、右:SL北びわこ号

滋賀県政150周年記念ロゴマーク・キャッチフレーズ

滋賀県政150周年を県内外に広く周知し機運を高めるためのロゴマーク・キャッチフレーズを、令和4年1月4日から2月16日まで募集したところ、1,082件の応募があり、庁内審査、一般投票により以下の最優秀賞作品が選出されました。

なお、記念ロゴマーク・キャッチフレーズの詳細な利用方法や電子データについては、下記に掲載しています。

滋賀県政150周年記念ロゴマーク・キャッチフレーズが決定しました!!

記念ロゴマーク

記念キャッチフレーズ

ずっと滋賀、もっと滋賀

デジタル展示「滋賀県の誕生」の公開

県立公文書館のホームページでは、明治時代の滋賀県政の歩みを振り返り、今日の私たちにとってなじみ深い「滋賀県」が成立するまでの過程を紹介しています。

詳細は、下記からご確認ください。
滋賀県の誕生

記念事業について

滋賀県史編さん

滋賀県誕生150周年を機に、50年ぶりとなる新しい滋賀県史を編さんします。

現在、県史のあり方等について幅広い意見をいただくため、令和4年度に設置する(仮称)滋賀県史のあり方検討懇話会において審議していただく委員を募集しています。
下記URLから詳細をご確認いただき、ぜひご応募ください(募集期間:令和4年3月18日~令和4年4月15日17:00必着)。

滋賀県史のあり方検討懇話会委員の募集について

県政150周年記念展「滋賀県はいつ誕生したのかー歴史公文書は語るー」の開催

滋賀県のはじまりは、明治期以来、どのように考えられてきたのか、県立公文書館が所蔵する歴史公文書等をもとに解き明かします。
私たちがイメージする「滋賀県」は、歴史の中でどのように移り変わってきたのか、振り返ってみませんか。

開催期間:令和4年2月28日~5月26日
場所:滋賀県立公文書館(県庁本館3階)
日時:月曜日~金曜日(祝日を除く)午前9時~午後5時

詳細は、下記URLからご確認ください。
県政150周年記念展「滋賀県はいつ誕生したのかー歴史公文書は語るー」の開催について

『歴史公文書が語る湖国』を用いた授業の実施

県立公文書館が所蔵する歴史公文書等を用いて書かれた『歴史公文書が語る湖国』を元に授業指導案集を作成し、県内高等学校において授業を行います。長らく品切れとなっていた『歴史公文書が語る湖国』も4月中に増刷の予定です。


なお、授業指導案は公文書館の他、下記URLからも閲覧できます。
滋賀のアーカイブズ

記念パートナー事業との連携事業

滋賀県内、または滋賀県ゆかりの企業・団体等とともに滋賀の魅力を県内外へ広く発信していくため、滋賀県政150周年記念事業パートナーとして登録し、官民あげて事業展開を図ります。
ぜひ、ご登録をお願いします。

募集期間:令和4年2月4日~令和5年3月31日
協力内容:
(1)滋賀県政150周年に関する広報の協力
(2)滋賀県政150周年に関する県事業への協賛・協力
(3)滋賀県政150周年に関する事業・キャンペーンの主体的な実施
(4)その他、滋賀県政150周年記念事業に資するもの

詳細は、下記URLからご確認ください。
滋賀県政150周年記念事業パートナーを募集します!

パートナー企業・団体一覧

~写真の紹介~
・1列目左:手原駅の開業、中:旧県庁舎、右:万博
・2列目左:琵琶湖第一疎水工事、中:記念ロゴマーク・キャッチフレーズ、右:県名改称の達
・3列目左:びわこ国体、中:ロシア皇太子ニコライの肖像写真、右:近江大橋開通

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。