文字サイズ

6. これまでの取組経過

魚のゆりかご水田プロジェクト

~湖魚が産卵・成育できる水田環境を取り戻そう!~

★「魚のゆりかご水田プロジェクト」の経緯

平成13~15年度

  • このプロジェクトは、平成13年度に着手しました。
  • 試験的に、田植後の田んぼにニゴロブナの親魚を放流して産卵させ、中干しまでの稚魚の成育状況を調査したところ、田んぼは水深が浅いことから、産卵行動や孵化に適した水温に保たれるうえ、稚魚のエサとなるプランクトンが豊富にいるなど、成長面においても優れていることがわかりました。また、オオクチバスなど稚魚の外敵となる外来魚は田んぼに遡上する習性がないこともあり、田んぼでの稚魚の生残率(稚魚数/産卵数)は平均で30%、高いところでは約60%にもなるなど、琵琶湖沿岸のヨシ帯よりも高いことが示されました。
  • そこで、排水路から田んぼに遡上するための施設として「水田魚道排水桝」を開発しました。
水田魚道排水桝の画像
水田魚道排水桝

平成16~17年度

  • 「水田魚道排水桝」方式に改良を加え、排水路の水位を10cmずつ段階的にあげていく「排水路堰上式魚道(堰上式魚道)」を開発しました。
「排水路堰上げ式水田魚道」を遡上するナマズ
堰上式魚道
  • 米原市と彦根市において、この「堰上式魚道」を試験的に設置し、2年にわたり調査したところ、従来のものより、多くの湖魚が遡上し、効果的であることが確認されました。
  • そのほかにも、「魚のゆりかご水田」と慣行水田(隣接する排水路に堰上式魚道を設置していない通常の田んぼ)とを比較したところ、「魚のゆりかご水田」では畦畔からの漏水が抑制でき、用水節減効果・流出負荷削減効果があることも認められました。
  • 県の水産試験場や土木交通部河港課と連携して「魚の道づくり・魚のゆりかご水田検討委員会」を設置し、委員のみなさまや関係機関のみなさまから様々なご意見をいただき、平成18年3月に「魚のゆりかご水田技術指針」を策定しました。
シンポジウム開催

平成18年度

  • 魚道設置により琵琶湖から湖魚の遡上が可能となった水田を対象に、魚道の維持管理や水田のきめ細かな水管理などに取り組んでいただいたことにともなう「掛かり増し経費」に対して、「魚のゆりかご水田環境直接支払パイロット事業(県単独事業)」を創設し、支援しました。
  • 「堰上式魚道」を設置するための手引書を作成しました。
  • 「魚のゆりかご水田」に取り組み、魚が遡上・成育した田んぼで作られたお米を「魚のゆりかご水田米」と命名し、この名称の商標登録を行いました。

平成19年度

  • 「魚のゆりかご水田」の取組に対して、世代をつなぐ農村まるごと保全向上対策(滋賀県版「農地・水・環境保全向上対策(現:多面的機能支払交付金」)を活用した支援を行うことになりました。
  • 平成18年度に名称を商標登録した「魚のゆりかご水田米」のロゴマークを、平成19年9月に決定しました。決定にあたっては、一般公募を行いました。
  • 「堰上式魚道」以外にも、「一筆型魚道」の普及啓発も行いました。

「魚のゆりかご水田米」のロゴマークです。

平成24年度

  • 環境保全型農業直接支払交付金のメニューの地域特認取組として「希少魚種等保全水田の設置」を位置づけ、支援を行うことになりました。

平成28年度

  • 琵琶湖とつながる生きもの田んぼ物語推進協議会を発足
  • 事務局:滋賀県農村振興課、滋賀県土地改良事業団体連合会
  • 会員:各地域の活動組織、流通組織、学識経験者、趣旨に賛同する者
  • 活動:情報発信、活動組織のスキルアップ、普及・啓発、生産・販路拡大、その他

令和2年度

  • 「魚のゆりかご水田米」パッケージデザインの作成
  • 選定委員会(生産者、消費者団体、流通組織、学識経験者、行政)を設定してデザインを選定
新しく協議会が作成したパッケージデザイン
  • 「魚のゆりかご水田米」ロゴマークの使用にあたって申請をしていただいています(要領、様式は以下のとおり)。
  • 新しく作成した「魚のゆりかご水田米」パッケージデザインを活用したパッケージ袋を作成される方に届出をいただいています(要領、様式は以下のとおり)。

★取組面積等の推移

魚のゆりかご水田取組面積
年度 地域数 取組面積(ha) うち認証面積(ha)
平成18年度 12 40 -
平成19年度 13 59 3
平成20年度 18 82 43
平成21年度 26 111 59
平成22年度 27 101 54
平成23年度 32 118 65
平成24年度 28 105 57
平成25年度 33 110 60
平成26年度 29 116 61
平成27年度 27 127 74
平成28年度 29 125 74
平成29年度 24 131 89
平成30年度 28 148 111
令和元年度 23 143 118
令和2年度 24 143 116
令和3年度 23 182 148
魚んゆりかご水田取組面積および認証面積
お問い合わせ
滋賀県農政水産部農村振興課地域資源活用推進室
電話番号:077-528-3963
FAX番号:077-528-4888
メールアドレス:gh01@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。