文字サイズ

野生イノシシにおける豚熱対策について

滋賀県における野生イノシシでの豚熱ウイルス感染の確認

 令和元年9月13日(金)に、多賀町内で発見された死亡野生イノシシについて、県内で初となる野生イノシシの豚熱ウイルスの感染が確認されました。

滋賀県では県内で捕獲・死亡した野生イノシシの豚熱検査を行っております。最新の検査結果については以下をご覧ください。

野生イノシシ豚熱検査の結果

野生イノシシへの豚熱経口ワクチン野外散布

 平成30年(2018年)9月に、岐阜県において、豚およびイノシシの伝染病である豚熱が発生して以来、現在も終息することなく、本州の養豚場で散発的に発生しています。

 豚熱の感染拡大の原因として、野生イノシシ間でのウイルス感染の広がりが挙げられています。そのため滋賀県では、野生イノシシに豚熱に対する免疫を持たせ、感染拡大を防止するため、山林等に経口ワクチンを散布する取組を令和元年度から行っており、令和4年度も散布を実施します。

 皆様のご協力とご理解をよろしくお願いいたします。

【令和4年度】

 (前期)5月~8月、(後期)11月~令和5年3月に、それぞれ各1~2回散布を予定。

 第1回目散布

 山林立ち入り予定期間:5月9日~6月10日(天候等により日程が変更になる場合があります)

 第2回目散布

 山林立ち入り予定期間:7月26日~8月12日(天候等により日程が変更になる場合があります)

 第3回目の散布は決まり次第お知らせします。

野生イノシシ経口ワクチンの散布および回収結果について

皆様へのお願い

・山林に立ち入られた場合は、山林から出る際に、靴底等に付着した土を洗い流すなど、CSFの拡散防止にご協力をお願いいたします。

・死亡イノシシを発見された際の対応については、以下の記事をご参照ください。

死亡した野生イノシシを見つけたら(CSF対応)

・滋賀県内で登山される皆様、林業関係者の皆様へお願いがございます。詳細は以下別添ファイルをご覧ください。

経口ワクチンについて

・ワクチンは、食品安全委員会で安全と評価された成分や食品からできています。

・ワクチンは、イノシシが生息する山林等の土中に埋めます。

滋賀県特定家畜伝染病対策会議

お知らせ

CSFの発生情報等に関する情報については、下記ページをご覧ください。

CSFについて(滋賀県)

CSFについて(農林水産省:外部サイト)

経口ワクチン散布に係る問合せ先

滋賀県農政水産部畜産課

滋賀県大津市京町四丁目1-1

TEL:077-528-3853

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。