文字サイズ

家畜人工授精所を開設されている方へ

令和2年10月1日に改正家畜改良増殖法が施行されました。

譲渡等記録簿について

家畜人工授精所の開設者は、特定家畜人工授精用精液等の譲り受け、譲り渡し等の事項について記載した譲渡等記録簿を整備し、10年間保存しなくてはいけません。(家畜改良増殖法第32条)

特定家畜人工授精用精液とは、経済的価値が高いなどその適正な流通の確保が特に必要なもので農林水産大臣が指定する家畜人工授精用精液・受精卵のこと。

 令和2年10月現在は黒毛和種、褐色和種、日本短角、無角和種、和牛間交雑種の家畜人工授精用精液または家畜受精卵が指定されています。

様式

定期報告について

家畜人工授精所の開設者は、毎年、運営状況の都道府県知事への報告が義務付けられています。

特定家畜人工授精用精液等については様式28号で、それ以外のものについては様式第29号でご報告してください。

(家畜改良増殖法第34条)

令和2年10月から令和3年12月までのスケジュールです(変更される場合もあります)

様式

提出先

滋賀県農政水産部畜産課

滋賀県大津市京町4-1-1

(TEL)077-528-3853

関係リンク

お問い合わせ
農政水産部 畜産課 生産衛生・耕畜連携係
電話番号:077-528-3853
FAX番号:077-528-4883
メールアドレス:ge00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。