文字サイズ

ひとり親家庭等日常生活支援事業

ひとり親家庭と寡婦の世帯が、修学等の自立を促進するために必要な事由や疾病などの事由により、一時的に生活援助が必要な場合または生活環境等の激変により、日常生活を営むのに支障が生じている場合に、家庭生活支援員(ヘルパー)を派遣します。利用される場合は、事前に利用登録が必要です。

サービス内容

(1)生活援助(利用者宅で家事全般・介護等)

(2)子育て支援(家庭生活支援員宅で保育サービス等)

派遣事由

(1) 社会的事由(疾病、出産、看護、事故、災害、冠婚葬祭、失踪、残業、転勤、出張、学校等の公的行事の参加等、社会通念上必要と認められる事由)

(2) 自立促進に必要な事由(技能習得のための通学、就職活動等)

(3) 生活環境が激変し日常生活を営むのに特に大きな支障が生じている場合(離婚等)

(4) 就業等の理由により帰宅時間が遅くなる場合等(所定内労働時間の就業を除く。)に定期的に生活援助、保育サービスが必要な場合(乳幼児または小学校に就学する児童を養育しているひとり親家庭に限る。)

※ (4)を除き、一時的な支援(概ね6か月間)ですので、年間を通しての継続的な事由は該当しません。年間を通して継続的に支援が必要な場合は利用できません。なお、他の手段を考える間の一時的な利用は可能です。

利用料

令和6年度より、すべての方が利用料無料となります。※サービス実施時に発生する費用は別途実費相当額負担となります。

利用の仕方

1、あらかじめ各市町ひとり親担当部署にて利用登録

2、派遣が必要になった際には、県が事業を委託している滋賀県母子福祉のぞみ会に派遣調整依頼

問い合わせ先

1、初回利用登録・・・各市役所・町役場ひとり親担当部署

2、ヘルパー派遣調整依頼・・・滋賀県母子福祉のぞみ会(077-522-2951)

お問い合わせ
子ども若者部 子ども家庭支援課 滋賀県子ども若者部子ども家庭支援課
電話番号:077-528-3554
FAX番号:077-528-4868