文字サイズ

第6回認知症の医療と福祉の滋賀県大会 大会長賞受賞者の決定について

滋賀県では、認知症の医療と福祉に関わる様々な職種の方が一堂に会し、それぞれの実践事例や研究等について発表する「第6回認知症の医療と福祉の滋賀県大会」を1月16日(日)に開催しました。

このたび、大会長賞の受賞者が決定しましたので、お知らせします。

大会長賞受賞者

受 賞 者:土田敬子(看護師/日本赤十字社長浜赤十字病院看護部)

受賞演題:認知症ケアの質の担保に向けた委員会の取り組み~コロナ禍で委員会が開催できない!どうする?~

大会概要

1.開催日時
 令和4年1月16日(日曜日)13時00分から17時00分(web開催)

2.開催内容
開会
発表(パワーポイントにより発表)
閉会

3.参加者
 151名(うち発表者12名)
 医療分野から、医師、看護師、保健師、薬剤師、理学療法士、作業療法士、臨床心理士等の各メディカルスタッフ、介護分野からは、介護職員、介護福祉士、介護支援専門員、介護事業所管理者、介護相談員等、その他にも社会福祉士、家族会、行政職員等の多職種・多分野の皆様にご参加いただきました。

4.発表者
 12名
 県内から公募した、病院、診療所、デイサービス、警察の皆様から、様々な実践事例や研究等を発表していただきました。

お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課 
電話番号:077-528-3522
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。