文字サイズ

介護プロフェッショナルキャリア段位制度におけるアセッサー講習について

介護プロフェッショナルキャリア段位制度は、全国共通の「介護技術評価基準」に基づき、『アセッサー(評価者)』が自事業所の介護職員を評価し、OJTを用いて介護技術の習得ができるまで育成し、その結果を第三者機関であるレベル認定委員会に申請し、介護職員がレベル認定を得ることで職員のスキルアップ、キャリアアップを図るものです。

アセッサー(評価者)講習について

キャリア段位制度を活用したOJTに取り組むためには、『アセッサー(評価者)』を養成するためのアセッサー講習を受講し、修了した者が在籍している必要があります。

アセッサー講習は、一般社団法人シルバーサービス振興会が実施しています。

制度および講習の詳細は、以下のホームページをご参照ください。

介護プロフェッショナルキャリア段位制度(外部サイト)

なお、アセッサーは、外国人技能実習制度(介護職種)の介護技能実習評価試験の「試験評価者養成講習」の受講対象者要件にもなっています。

外国人技能実習制度における介護技能実習評価試験の試験評価者養成講習(外部サイト)

お問い合わせ
健康医療福祉部 医療福祉推進課 介護・福祉人材確保係
電話番号:077-528-3597
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。