文字サイズ

若年認知症地域ケアモデル事業(仕事の場)の取り組み

「仕事の場」とは?

「仕事の場」とは、若年認知症の人を中心とした、「はたらく」ことでつながった様々な参加者が内職仕事をしている場所のことです。参加者は若年認知症の人、軽度認知症の人、障害をお持ちの人、地域住民、介護をされているご家族など様々です。

■ 今までの経過

若年認知症の人の退職直後の空白期間を作らないことや、制度の狭間にいる人たちを「働く」ことを通じてつながることを目的に、平成23年10月から藤本クリニックの一室で就労の場である「仕事の場」がスタートしました。

平成24年度からは滋賀県の若年認知症地域ケアモデル事業として展開され、多くの人たちとの出会いと繋がりがあり、初めてケアに出会う場、少しずつ病気を受入れていく場ともなってきました。

平成27年度からは滋賀県内に更に3カ所(大津市、長浜市、高島市)「仕事の場」が立ち上がり、現在(平成28年10月時点)では合計4か所の「仕事の場」が運営されています。

「仕事の場」の紹介

滋賀県内各地で運営されている「仕事の場」を紹介しますので、ご興味・ご感心などございましたら、各「仕事の場」問い合わせ先までお気軽にお問い合わせください。

「仕事の場」 (守山市)

fuji1
shigotofujimoto2
shigotofujimoto3

~平成27年度から新たに立ち上がった「仕事の場」~

「チームほたる」 (大津市)

  • 開催場所:「長等ほたるの家」の隣 (大津市長等二丁目3-27 )
  • 開催時間:毎週 月曜日・水曜日・金曜日 10時から15時(時期によって月曜日から金曜日)
  • 仕事内容:「御菓子の箱作り」「資料袋詰め」等 (時期によって仕事内容は変更があります)
  • 代表者から一言:安心してご相談、ご見学に来てください。
  • 問い合わせ先:TEL/FAX:077-527-0485
  • 写真:
hotaru1
hotaru2
hotaru3

「仕事にきゃんせ」 (長浜市)

  • 開催場所:養護老人ホームながはま内 (長浜市加田町19-6)
  • 開催時間:毎週金曜日13時から16時
  • 仕事内容:商品へのマグネットシールや、ラベル貼りの作業等 (時期によって仕事内容は変更があります)
  • 代表者から一言:お仕事は簡単な作業です。スタッフが一緒について行いますので、ぜひお越しください。私たちの仕事の場に「きゃんせ(おいで)」!
  • 問い合わせ先:TEL 0749-62-2897/FAX 0749-62-2896
growgazou1
growgazou2
growgazou4

「おげんきさん」 (高島市)

  • 開催場所:元気な仲間あったかほーむ (高島市新旭町針江291)
  • 開催時間:毎週木曜日13時から16時
  • 仕事内容:食品タッパの製品化、御菓子の箱折り等
  • 代表者から一言:若くに認知症になっても、本人や家族は「仕事がしたい」「人から求められたい」と願います。その気持ちに寄り添い、そこが居場所となり、みんなの笑顔が見られたらと思います。
  • 問い合わせ先:TEL 0740-33-7805/FAX 0740-33-7806
genki1
genki2
genki3

「仕事の場」は「交流の場」でもあります

「仕事の場」は、退職後もわずかでも働いた対価がもらえる社会とのつながりの場であり、仲間や様々な支援者と出会えることで、診断後の支援の空白期間を無くす場でもあります。また、介護保険サービスへスムーズに移行できる準備の場ともなります。若年認知症の方でこの事業に関心をお持ちいただいたご本人、ご家族がいらっしゃいましたら各「仕事の場」へお問い合わせください。

「仕事の場ネット」の開催について

滋賀県では、こうした「仕事の場」を整備するだけでなく、行政を含め様々な「仕事の場」関係者が一堂に集う「仕事の場ネット」を開催し、若年認知症の方やそのご家族等にとって価値あるものとして継続できるよう、関係者同士が連携して支援できる関係づくりや体制構築などに向け、年間3~4回ほど情報交換会や勉強会等を行っております。

net1
net3
net2
お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課 
電話番号:077-528-3522
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp