文字サイズ

ひざ痛・腰痛・肩の痛みのある方へ

ひざ痛、腰痛、肩の痛みの原因はさまざまなものがありますが、適度な運動によって、痛みを予防・改善することができます。

運動する際は、無理をせず、できる範囲で行えば効果が期待できます。

ひざ痛の原因と予防

ひざ痛の原因としては、関節の軟骨が加齢により弾力を失ってすり減り、関節が変形してしまう「変形性膝関節症」という疾患が多く見られます。

特に高齢女性では、O脚の方が多くみられます。O脚になるとひざの内側の関節が狭くなって骨同士があたるようになり、痛みの原因となります。

予防法

  • 運動で筋肉を鍛える。
  • 肥満の方は減量をして、ひざ関節への負担を減らす。
  • 正座はできるだけしない。また、トイレは洋式トイレを使用する。
  • クーラーなどでひざを冷やさないようにする。
  • O脚の予防・改善には、まっすぐバランスよく立つように日頃から立ち方に気をつける。

腰痛の原因と予防

腰痛の原因としては、「変形性脊椎症」という疾患が多く見られます。骨を構成する椎骨の間には椎間板があってクッションの役割をしていますが、加齢によってクッションとしての力が弱くなってしまい、背骨の変形につながってしまうというものです。

また、日常生活で腰に負担がかかる姿勢をしていたために、腰の筋肉が疲労することも腰痛の原因となります。

予防法

  • 運動で筋肉を鍛える。
  • 中腰で重い物を持たない。
  • 敷き布団やベッドは柔らかすぎないようにする。

肩の痛みの予防

予防法

  • 適度に運動で血流を良くし、筋肉を鍛える。
  • 正しい姿勢をとる。
  • 肩を冷やさないようにする。
お問い合わせ
滋賀県健康医療福祉部医療福祉推進課
電話番号:077-528-3520
FAX番号:077-528-4851
メールアドレス:ed00@pref.shiga.lg.jp