文字サイズ

新型コロナウイルス感染症の軽症者等に係る宿泊療養について

滋賀県では新型コロナウイルス感染症の重症者等に対する十分な医療提供体制の確保のため、新型コロナウイルスに関する検査結果が陽性であって、入院を要しない場合で特別な配慮が必要な方については、宿泊療養施設での療養を行っていただく場合があります。宿泊療養施設での療養期間中は、常駐する医療従事者が健康観察を行いますのでご安心ください。

入所時の持ち物、準備物については下記をご覧ください。

※ホテルピアザびわ湖で療養される方は、下記「ホテルピアザびわ湖での宿泊療養について」をご覧ください。

宿泊療養の証明書について

 令和4年9月26日から新型コロナウイルス感染症の全数届出見直しに伴い、滋賀県における宿泊療養証明書の取り扱いについて、以下のとおり変更します。

1.令和4年9月25日以前に宿泊療養をされていた方(令和4年9月25日以前から宿泊療養されている方)

(※9月25日以前に自宅療養されており、9月26日以降に宿療療養になった方を含む)

 My HER-SYSの療養証明書の活用をお願いします。My HER-SYSでの療養証明書の表示方法は下記「My HER-SYS療養証明書表示方法」を御参照ください。

 My HER-SYSが利用できない場合は、医療機関で実施されたPCR検査結果等がわかる書類、診療明細書等で対応いただくようお願いします。滋賀県感染症対策課にて宿泊療養証明書を発行することも可能です。提出書類および提出先については、「My HER-SYSが利用できない場合の宿泊療養証明書申請のご案内(リンク)」を御確認ください。

 

2.令和4年9月26日以降に療養を開始された方

(1)新型コロナウイルス感染症の全数届出見直しにより発生届の対象となる方は、My HER-SYSの療養証明書の活用をお願いします。

 ※滋賀県として宿泊療養証明書は発行はできませんので、My HER-SYSの療養証明書、医療機関で実施されたPCR検査結果等がわかる書類、診療明細書等で対応いただくようお願いします。

 My HER-SYSでの療養証明書の表示方法は以下のファイルを御確認ください。My HER-SYSでの療養証明書の表示方法は下記「My HER-SYS療養証明書表示方法」を御参照ください。

 (2) 発生届の対象外の方は、My HER-SYSの療養証明書、滋賀県の宿泊療養証明書のいずれも御利用いただけません。

 ※医療機関で実施されたPCR検査結果等がわかる書類、診療明細書等で対応いただくようお願いします。

ホテルピアザびわ湖高齢者等宿泊療養施設について

1.施設概要

ホテルピアザびわ湖は「高齢者等宿泊療養施設」として運営しております。

ホテルピアザびわ湖における宿泊療養は、運用や入所時の持ち物等が他の宿泊療養施設と異なります。下記「ホテルピアザびわ湖で療養される皆様へ」を必ずご確認ください。

※運営紹介動画を作成しましたのでご覧ください!
 ⇒ ホテルピアザびわ湖運営紹介動画(YouTube)

(1)施設の目的

新型コロナウイルス感染症の無症状者または軽症者のうち、生活介助が必要な高齢者等が安全に療養し、健康観察・経過観察が受けられる体制の確保・充実を図るとともに、感染者を受け入れられる医療提供体制への負荷を軽減することを目的とする。

(2)施設の運営

●場所:ホテルピアザびわ湖(滋賀県大津市におの浜1-1-20)
●開設日:令和4年5月2日
●受入可能数:16床

(3)運営体制

●看護師および介護士を24時間体制で配置
●常時見守りを行うため、大部屋を療養場所に利用
●施設面(段差解消やトイレへの手すり設置等のバリアフリー化)、食事面でも療養者に配慮した見直しを実施
●必要に応じて、中和抗体薬・経口治療薬を投与。症状急変時には、転院までの間、酸素投与等必要な医療行為を実施

2.1日の療養スケジュール

 6:00起床、モーニングケア、バイタル測定
 6:30ラジオ体操
 7:30朝食内服・口腔ケア
 9:30清拭(週2回)
 11:30口腔体操
 12:00昼食内服・口腔ケア
 14:00バイタル測定
 15:00おやつ
 15:30ADL低下防止オンラインプログラム(月・水・金)
 18:00夕食内服・口腔ケア
 20:00バイタル測定
 21:00就寝
(就寝から起床まで巡視4回あり)
 ※1日2回医師の診察あり
 ※いつでも楽しめるADL低下防止プログラムも100種類以上あり

3.療養者の皆さんの声

【施設での生活】

「看護師や介護職員とお話もできて、楽しく過ごせている。」
「琵琶湖が一望できて、ロケーションもよい。旅行気分になれる。」
「解放感もあって、療養しているということを忘れられる。」
「他の療養者とも交流できて、いいつながりができた。」

【食事】

「いつもおいしい食事を提供してもらえる。」
「おやつの時間もあり、至れり尽くせりだ。」

【レクリエーション】

「疲れたけどスッキリした。」
「こんなに身体を動かしたのは何年ぶりか。普段動かさないところを動かせてよかった。」
「きつくなかったが、動かしにくい部分もあった。」

療養スペース
レクリエーションの様子
琵琶湖が一望できる食事スペース
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。