文字サイズ

金勝川通常砂防事業

事業概要

金勝川上流の渓流区域は土石流危険区域であり、平成25年の台風18号による豪雨の際には、その支渓流で土石流が発生し、下流部の栗東市の水道施設が全壊する被害を受けました。

本渓流区域の谷出口には、人家・公民館・寺院・市道等があり土石流が発生した場合、大きな被害が想定されることから、滋賀県では、金勝川砂防事業として、4か所の各支渓流に砂防堰堤を設置する工事を実施しています。

金勝川通常砂防事業の説明画像です。

事業経過

  • 平成21年度より事業に着手し、平成24年度に4号えん堤が完成。
  • 平成25年度より2号えん堤の工事に着手したが、台風18号の出水によって1号えん堤の渓流にて土石流が発生し、下流部の栗東市水道施設が全壊したため、2号えん堤を休止し、1号えん堤の工事を先行。
  • 平成26年度より1号えん堤の工事に着手。平成29年度に本川への接続工を除いて完成。
  • 平成29年度より2号えん堤の工事を再開し、平成31年度に完成。
お問い合わせ
南部土木事務所 河川砂防課 砂防係
電話番号:077-567-5441
FAX番号:077-562-9234
メールアドレス:ha31400@pref.shiga.lg.jp