文字サイズ

飲食店等におけるワクチン検査パッケージ・対象者全員検査制度の登録を開始します!

お知らせ(令和4年1月26日更新)

本県では現在、ワクチン検査パッケージ制度や対象者全員検査制度を利用した行動制限の緩和は実施していません

 国の新型コロナウイルス感染症対策本部の決定により、今後、感染拡大を防止しながら、日常生活や経済社会活動を継続できるよう、行動制限の緩和のための「ワクチン検査パッケージ制度」が導入されることとなりました。「ワクチン検査パッケージ制度」は、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等で、飲食等に関して行動制限が課される状況において、ワクチン接種歴または陰性の検査結果を活用し、行動制限の緩和を可能とする制度です。

 また国の基本的対処方針が改定され、ワクチンを2回接種した者も含めた「対象者全員検査」により、飲食等に関する行動制限の緩和を可能とする制度が新たに発表されました。

 本制度(対象者全員検査を含む)の利用を希望する飲食店等のみなさまについては、事前に県へ登録いただく必要がありますので、以下のとおり登録の受付を開始します。

 ※ただし、感染が急速に拡大し、医療提供体制のひっ迫が見込まれる場合などは、政府または県の判断により、制度を適用せず、強い行動制限を要請することがあります。

よくあるお問い合わせQ&A

対象事業者

(1)飲食店(みんなでつくる滋賀県安心・安全店舗認証制度認証を取得している店舗に限る)

※みんなでつくる滋賀県安心・安全店舗認証を取得されていない飲食店におかれましては、事前に認証を取得いただきますようお願いします。

 みんなでつくる滋賀県安心・安全店舗認証制度の申請について

(2)飲食を主として業としていないカラオケ店(カラオケボックスなど)

ワクチン検査パッケージ制度による行動制限の緩和内容

 ワクチン検査パッケージ制度の適用により、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において課される行動制限が緩和されます。

【飲食】

 同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食回避が要請されている場合でも、ワクチン検査パッケージ制度の適用により、人数上限なく会食が可能になります。

【カラオケ】

 カラオケ設備を提供する店舗に対して休業要請が行われている場合でも、ワクチン検査パッケージ制度の適用により、収容率の上限を50%としつつ、カラオケ設備の提供が可能になります。

【1/26追加】対象者全員検査による行動制限の緩和内容

 対象者全員検査制度では、ワクチン接種・未接種問わず、対象者(5人以上で同一テーブルを使用しようとするグループやカラオケ設備の利用を希望するグループ全員)が陰性の検査結果を提示した場合のみ、行動制限が緩和されます。

 行動制限の緩和内容については、上記「ワクチン検査パッケージ制度による行動制限の緩和内容」と同様です。

登録の申し込みについて

飲食店

 登録申請書に必要事項を記載のうえ、登録申請書を以下の窓口までメール、郵送またはFAXにて提出ください。

【窓口】

みんなでつくる滋賀県安心・安全店舗認証制度事業事務局

メールアドレス:info@shiga-anshin-ninsho.jp

電話番号:077-569-6200

FAX:077-569-6202

開設時間:土曜・日曜・祝日を除く平日の午前9時から午後6時まで

飲食を主として業としていないカラオケ店

 登録申請書に必要事項を記載のうえ、登録申請書を以下の窓口までメール、郵送またはFAXにて提出ください。

【窓口】

滋賀県防災危機管理局危機管理室

メールアドレス:as00corona@pref.shiga.lg.jp

電話番号:077-528-1344

FAX:077-528-6037

開設時間:土曜・日曜・祝日を除く平日の午前9時00分から午後5時00分まで

ワクチン検査パッケージの登録ステッカーの配付について

登録が完了した店舗へは、ワクチン検査パッケージの登録ステッカーを配布します。

登録ステッカーは、本県に緊急事態宣言の発令やまん延防止等重点措置の適用等が行われ、「ワクチン検査パッケージ制度」が適用される際には、利用者の方が見やすい場所に掲示をお願いします。

また、登録店舗については、本県に「ワクチン検査パッケージ制度」が適用される際に、一覧を県ホームページで公表します。

【ワクチン検査パッケージ制度】事業者(飲食店・カラオケ店)のみなさまに対応いただくこと

 本県にワクチン検査パッケージ制度が適用された場合に、行動制限の緩和を行う場合は、事業者のみなさまには、利用者の入店時に「ワクチン接種歴」または「検査結果の陰性」を確認いただく必要があります。

【ワクチン接種歴の確認】

 予防接種済証等(接種証明書、接種記録書等を含む)により、利用者が2回接種を完了していること、2回目接種日から14日以上経過していることを確認してください。予防接種済証等を撮影した画像や写し等の確認でも可能です。また、電子化された証明書での確認も可能です。

【検査結果の陰性の確認】

 検査機関が発行するPCR検査等(LAMP法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む)または抗原定性検査の検査結果通知書から陰性を確認してください。PCR検査等の場合、検体採取日(検体採取日が不明な場合は検査日)の3日後まで有効です。また、抗原定性検査の場合、検体採取日(=検査日)の翌日まで有効です。

【本人確認】

 ワクチン接種歴または検査結果を確認する際は、運転免許証、マイナンバーカード等の公的証明書の他、 健康保険証や学生証等の身分証明書で本人確認を行ってください。 詳細については、以下の通知をご確認ください。

【1/26追加】【対象者全員検査】事業者(飲食店・カラオケ店)のみなさまに対応いただくこと

 本県に「対象者全員検査」制度が適用された場合に、行動制限の緩和を行う場合は、事業者のみなさまには、利用者の入店時に「検査結果の陰性」を確認いただく必要があります。

 利用客がワクチン2回接種済みであっても、検査結果通知書により陰性であることの確認が必要です

 検査結果の陰性の確認や本人確認の方法は上記「【ワクチン検査パッケージ制度】事業者(飲食店・カラオケ店)のみなさまに対応いただくこと」と同様です。

Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。