文字サイズ

ごみゼロしがトップページ

3R(スリーアール)ってなに?

3R(スリーアール)って何だろう?

ごみにまつわる問題を起こさないためや
を起こさないためや循環型社会を実現するためには、捨てられるごみをできる限り減らすことが大切です。
捨てられるごみを減らすための手段として、リデュース、リユース、リサイクルの3つがあります。この3つを合わせて「3R(スリーアール)」と呼んでいます。

リデュース(Reduce、発生抑制)

リデュースは、日本語で「減らす」という意味です。つまり、ごみを減らす取組を指します。
例えば、食べ残しなどの食品ロスを減らすこと、使い捨てにしてしまいがちなレジ袋を減らすためにマイバッグを携帯することなどがリデュースの取組です。
生活の中で、実際にやってみましょう。

リユース(Reuse、再使用)

リユースは、日本語で「もう一度使う」という意味です。ものをすぐに捨ててしまうとごみが増えてしまうので、繰り返し使うことが大切です。
例えば、背が伸びて着ることができなくなった服を他の人に使ってもらうことや、壊れてしまったものを修理してもう一度使うことなどがリユースの取組です。
生活の中で、実際にやってみましょう。

リサイクル(Recycle、再生利用)

リサイクルは、日本語で「再生利用する」という意味です。使い終わったものを資源として再び利用することを指します。
例えば、ペットボトルから服が作られたり、使い終わった段ボールがもう一度きれいな段ボールに生まれかわったりすることがリサイクルの取組です。
しかし、ペットボトルも段ボールも燃えるごみとして捨ててしまっては、単に燃やされてしまって、リサイクルすることができません。私たちが普段行っているごみの分別が、ごみのリサイクルにつながっています。
生活の中で、実際にやってみましょう。

お問い合わせ
琵琶湖環境部 循環社会推進課
電話番号:077-528-3472
FAX番号:077-528-4845
メールアドレス:df00@pref.shiga.lg.jp