文字サイズ

G-NETシネマ 2024年度の上映予定

自分らしく輝く生き方のヒントになる映画を、隔月で上映しています。お気軽にお越しください!

「百合祭」2024年6月22日(土曜日)13:30~

2001年/日本/100分/監督:浜野佐知/ 出演者:出演者:吉行和子、ミッキー・カーチス、正司歌江、白川和子

「イタリアでも日本でも共通の、デリケートなテーマを、女性の目を通して描いている。現代の女性にとって、勇気を持ってポジティブな結果を出すことが必要であり、そういうメッセージをこの作品は示してくれた。」~トリノ国際女性映画祭クララ・リヴァルタ委員長

「アルバート氏の人生」日本語字幕 2024年 8月24日(土曜日)13:30~

2011年/アイルランド/113分/監督:監督:ロドリゴ・ガ ルシア/出演者:グレン・クローズ、ジャネット・マクティア、ミア・ワシコウスカ、アーロン・ジョンソン

ホテルで働くアルバートには、貧しく孤独な生活から逃れるため、男性になりすまして生きてきた女性であるという秘密があった。
40年以上もたった独りで生きてきたが、ある日、数奇な運命を背負いながらも自分らしく生きるヒューバートに出会い、固く閉ざされた心の扉が開きだす・・・。

「アンダンテ~稲の施律~」2024年10月12日(土曜日)13:30~

2010年/日本/107分/監督:監督:金田 敬/出演者:新妻聖子、筧利夫、秋本奈緒美

対人恐怖の苦しみや、ひきこもりなど日本の若ものに顕著に現れている現象。何ゆえ現代社会は苦しむ人々を生み出すのか。
それぞれの生き方の中で、転機に立つ現代人の葛藤と再生を描く、最大の話題作!

「ファブリックの女王」日本語字幕 2024年12月14日(土曜日)13:30~

2015年/フィンランド/85分/監督:ヨールン・ドンネル/出演者:ミンナ・ハープキュラ他

北欧を代表するファッション・ブランド“マリメッコ”創業者アルミ・ラティアの波乱万丈な人生模様。
そこには「美」への飽くなき探求心と、みんなが幸せに働き、生きていける理想郷“マリメッコ村”をつくる大きな「夢」、そして従業員たちへの厳しくも温かい「愛」があふれていた。

「ギリーは幸せになる」日本語字幕 2025年2月15日(土曜日)13:30~

2016年/アメリカ/98分/監督:スティーブン・ヘレク/出演者:ソフィー・ナリッセ、キャシー・ベイツ、ジュリア・スタイルズ、オクタヴィア・スペンサー

里親のもとを転々とする少女ギリー。いつか本当の母親と暮らすことを夢見る彼女は、養母のもとや学校でも反抗的な態度をとる。
だれよりも反抗的で、だれよりもずるく、だれよりも強い。だれよりもひとりぼっちで、だれよりも愛が深い。
血がつながっていなくても、人種が違っても、きっといる心の家族!

【終了しました】「きこえなかったあの日」2024年4月13日(土曜日)13:30~

2021年/日本/116分/監督・撮影・編集:今村彩子/出演者:加藤褜男、菊地藤吉・信子、小泉正壽、岡崎佐枝子

東日本大震災直後に宮城を訪れた今村彩子監督が抱いたのは「耳のきこえない人たちが置かれている状況を知ってほしい」という痛切な思いだった。みんなが安心して暮らせるその日まで・・・。今村監督がみつめた、耳のきこえない人たちと災害、10年の記録。

※上映日時および上映作品については変更の場合がございます。センターHP等でご確認ください。


毎回参加無料、申し込み不要!!

トップページへもどる
お問い合わせ
男女共同参画センター “G-NETしが”
電話番号:0748-37-3751
FAX番号:0748-37-5770
メールアドレス:[email protected]
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。