文字サイズ

平成27年度第3回滋賀県総合教育会議の開催結果

開催日時

平成27年8月6日(木曜日) 午前10時02分〜午後0時02分

開催場所

滋賀県庁東館大会議室

出席者(構成員)

  • 知事 三日月大造
  • 委員長 藤田義嗣
  • 委員 土井真一
  • 委員 河上ひとみ
  • 委員 佐藤祐子
  • 委員 宇野正章
  • 委員(教育長) 河原恵

【ゲスト】

滋賀県学童保育連絡協議会 副会長 片山 源之 氏

湖南市教育研究所 所長 伊藤 照男 氏

議事次第

  • 議案

公開

大綱の策定について

公開

教育関係団体との意見交換について(放課後における地域の教育力の向上について)

●滋賀県学童保育連絡協議会提出資料 資料2-1

●湖南市教育研究所提出資料 資料2-2

公開

次年度以降重点的に講ずべき施策について

会議録

会議の様子

平成27年8月6日木曜日に第3回滋賀県総合教育会議を開催しました。
会議の冒頭では、知事から先日開催された全国高等学校総合文化祭について言及があり、「このレガシーを大切にしてもらいたい」といった発言がありました。(写真1枚目)会議では、大綱の策定について合意をした後、有識者を招いた議論を行いました。滋賀県学童保育連絡協議会から副会長の片山 源之 様、放課後児童クラブにおいて支援員として活動されている児玉 さつき 様を、湖南市教育研究所からは所長の伊藤 照男 様をお招きし、「放課後における地域の教育力の向上」をテーマに、最初にそれぞれから学童保育やコミュニティスクール、学校支援地域本部などに関し、それぞれの取組状況や課題等についてプレゼンテーションをいただいた後、意見交換を行いました。
意見交換では、予算や指導員の研修、人材確保の面での課題、また、放課後、学童保育で宿題をしたり、学校で補充学習が行われたりすることで子どもたちの学習習慣が形成されるといった意見が出されました。(写真2~5枚目) 最後に、「次年度以降重点的に講ずべき施策」をテーマに議論を行いました。冒頭に事務局から施策の取組状況や課題等について説明した後、本県を取り巻く教育課題について教育委員、知事からご意見をいただき、最後に知事からは、(1)貧困やいじめなど困難な状況にある児童生徒への支援、(2)祭りや地域文化の伝承など、地域への愛着を育む「近江の心」の醸成、(3)人口減に伴う学校統廃合により生まれる空き教室等の活用、(4)放課後や土日の子どもたちの過ごし方、時間の使い方に対する県としての役割、(5)子どもたちの体力の基盤となる食育、(6)滋賀の産業、社会の需要や変化に対応した職業人の育成、といった6つの視点を大事にして来年度の施策構築を考えてほしいと話されました。

270806-s-1
270806-s-2
270806-s-3
270806-s-4
270806-s-5
お問い合わせ
滋賀県教育委員会事務局教育総務課企画室
電話番号:077-528-4512
FAX番号:077-528-4950
メールアドレス:edu@pref.shiga.lg.jp
Adobe Readerのダウンロードページへ(別ウィンドウ)

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。